ネット界の“旬”なニュースをお届け!

初体験を経験させる「成人合宿」に興味津々

2011.05.24 TUE

噂のネット事件簿


平たく言えば、「処女と童貞に初体験の機会をお膳立てしよう」という成人合宿 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
障害者の性的介助などを行っている「ホワイトハンズ」が、セックス経験のない大学生を対象に、“初体験”を経験させる「成人合宿」を企画。その内容がネット住民の間で物議をかもしている。この成人合宿は、ホワイトハンズが「健康的な性生活を送ることができるという勇気と自信を抱いてもらうこと」を理念に立ち上げたプロジェクト。参加資格は18歳~24歳の大学生および大学院生に限られており、参加者は「性生活概論」「男女交際概論I~II」などの座学、対話・ディベート形式のワークショップなどを経て、性生活実習へ進むカリキュラムとなっている。

しかし、性生活実習の相手(=初体験の相手)を抽選で決定すること、「参加資格:異性との性経験がないこと」といった文言、TOEIC高得点者に対する割引の存在、「2泊3日で約15万円」といった費用などがネット住民の興味を大いにかきたて、ネット上では議論が紛糾。2ちゃんねるには関連スレッドが乱立し、

「正直、これに参加する行動力があるならナンパでもした方がマシ」
「なんか、来るものがきた感じ」
「なんで無職を省くんだ」

などの意見が出ているほか、ツイッターでも1300人以上の人が成人合宿についてツイートしている。

このようなリアクションに対し、同団体の広報担当氏はブログエントリーで、「成人合宿の理念や中身を、冷静かつ客観的に理解できる人は、これまた、ものすご~~~~~く、少ないと思います」「100人にメッセージを伝えても、おそらく、そのうちの99人は、ほぼ確実に、理解できないはず」とコメントしている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト