ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB被災地ミニライブ動画がネットで多数公開

2011.05.26 THU

噂のネット事件簿


被災地で歌ったという「ポニーテールとシュシュ」
5月22日、AKB48の大島優子、篠田麻里子、柏木由紀、指原莉乃、SKE48の松井玲奈、NMB48の山本彩の6人が、東日本大震災の被災地である岩手県大槌町のふれあい運動公園野球場を訪れ、ミニライブと握手会を開いた。AKB48としては初めてとなる被災地訪問だったが、メディアなどでの事前告知は一切なく、ほぼサプライズに近い状態でライブは行われた。

ネット上では、まずツイッターを中心に「AKBが被災地訪問」という噂が広がった。その後、それらツイッターでの情報をソースとして、22日夕方ごろに2ちゃんねるのニュース速報板やモー娘。(狼)板などに、AKB48の被災地訪問に関するスレッドが立てられ、一気にネット上でこの情報が広がった。

ちなみに、あるツイッターユーザーは、赤字で「AKB48」と書かれた下に「22日昼、大槌町にやってくる!!」と告知する張り紙の画像をアップしている。メンバーの写真も載っていないその簡素な張り紙は、おそらく直前になって地元の住民のみに告知するためのものだと思われる。

また、YouTubeでは、22日のうちに、このミニライブの模様を撮影した動画が複数アップされた。動画にはTシャツ姿で『言い訳Maybe』『ポニーテールとシュシュ』などを歌うAKB48のメンバーたちが、ステージにケータイのカメラを向けている観客たちの後ろ姿とともに収められている。それらの動画には、

「テレビ、ブログで宣伝しなかった所に本気を感じる」
「ホントにすげえ。ガチなメンバーじゃん。
皆忙しいに違いないのにこんなことができるなんてAKBってすごい。
感動した」

などと、被災地訪問に感動したというコメントだけでなく、

「撮影フリーなんてありえないな・・・・」
「生々しくて良い映像ですね!エース級のオールスターでカラオケライブ、しかもカメラ撮り放題で見れるなんてうらやましいです。ガチのAKBファンだったら数十万?の価値がありそうですね」(原文ママ)

と、ライブに参加した人を羨ましがるファンからのコメントも寄せられていた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト