ネット界の“旬”なニュースをお届け!

コネ入社で仕事もらえない人の悩みにアクセス殺到

2011.05.27 FRI

噂のネット事件簿


Yahoo!知恵袋では「コネ入社」に関する多種多様な質問を見ることができる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
20日、メディアインタラクティブが「5月病に関する意識調査」の結果を発表した。同調査によると新入社員の1割が退職を考えていることがわかったという。そんななか、質問サイト・Yahoo!知恵袋の「新入社員です。会社辞めたいです。長文です。」という質問が多くのアクセスを稼ぎ続けている。同質問は2010年7月14日に書きこまれたものだが、26日15時現在までで9900以上閲覧され、全体アクセス数では10位(5月26日現在)につけるほどのユーザーの関心の高さだ。

内容をかいつまんで説明すると、投稿者は就職難だったため、父親のコネで入社。父親の存在があるがゆえに周囲が気を遣っており、投稿者は会社の製品で遊んでいるだけでも怒られはしない。だが、このぬるま湯状態であればいずれツケが回ってくるし、父親が失脚した場合にいじめられるのでは? と心配もしている。そして、転職をするべきかという悩みをにおわせたうえでこう質問した。

1)やはり父親に迷惑がかかりますか?
2)入社してからおそらく一切の成長がありません。こんな状態で雇ってくれるところはあるのでしょうか?その場合やはり中途ですよね?
3)感じたことをお聞かせください。

これに対して

「正社員で勤務できるだけ幸せですよ・・・
辞めると正社員での就労先はかなり難しいと思ったほうがいいかもしれません」
「そのままで良いんじゃないですか?
楽なのが一番ですよ」

といった就職難の時代ならではのアドバイスをする人のほか、

「給料泥棒になりたくなければ仕事に対して受け身でなく自発的に取り組んで下さい。
退職して自力で探すも良し、この会社で自分から『何か手伝えませんか?』と声をかけてみて下さい」

といった「積極的に自ら動け」という意見する人、「仕事を与えてくれ、成長したいなど訴えたらいい」と「喝」を入れる回答者が登場した。

そしてベストアンサーには「甘えてないで考えなさい。会社を良くするためには、どういう方法があるのかそれを正しく考え、まとめ、人に伝える。やれることはたくさんありますよ」(原文ママ)という「喝」を入れたものが選ばれた。

なお、コネ入社に関しては、Yahoo!知恵袋では多数の質問が書き込まれているが、そこにはこの質問を書いた人と同様、コネ入社であることを悩む質問のほか、「ボケで お金にせこく、縁故(コネ)入社の嫌な奴」「何故こうも上司はコネで入社した人の扱いが違うの?」などとコネ入社の社員や周囲の反応を批判する質問が多い。さらには「コネを批判する理由を教えて下さい」という質問もあるなど、「コネ入社」を気に病んでいる人は多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト