ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Google Earthで発見した面白い世界が大人気

2011.06.02 THU

噂のネット事件簿


これは、上から見るとBMWのロゴが描かれているドイツのBMW本社。このように、空からならではの画像を多数見ることができる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ニコニコ動画で「Google Earthで見つけた面白い場所」という動画が多数のアクセスを集めている。6月1日現在、アクセス数は約59万でコメント数は約15万4000を突破。また、この動画にはその2もあり、そちらのアクセス数は約26万でコメント数は約2万5000と、こちらも好評だ。どちらも2007年にアップされたものだが、なぜか人気が急上昇したようでデイリーランキングも上昇している。

アクセス数の多い「Google Earthで見つけた面白い場所」で紹介されている場所は、カナダのマニクアガン・クレーター、インドのロナール・クレーターといった各地のクレーターにはじまり、ヴィクトリアの滝などの自然物、イラクのラドワニヤ宮殿などの人工建築物も。

そのほか、イギリスのミステリーサークル、なぜか動物の形をしているような場所、赤い色をした川など豊富なバリエーションの写真がこれでもか! と登場し、見ている人を飽きさせない。日本では南鳥島、軍艦島、五稜郭、仁徳天皇陵、アサヒビール本社、日本銀行本店(上空から見ると建物が「円」の形に見える)などをみつけることができる。

「Google Earthで見つけた面白い場所」は16分42秒、「Google Earthで見つけた面白い場所その2」は12分3秒。風景に合わせた軽快なBGMも人気のよう。

いずれの写真に対しても「世界すげー!」「ぞわぞわする」「やるなw」「おお! かっこいい」といった称賛のコメントであふれている。それぞれのスポットのGoogle Earthでの座標も明記されているので実際に確認も可能だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト