ネット界の“旬”なニュースをお届け!

第3次パンダブーム到来 パンダ愛好家サイトが盛況

2011.06.06 MON

噂のネット事件簿


毎月11日には「パンダ祭り」を開催。また、6月1日の管理人氏のつぶやきによると「パンダのお仕事のオファーがきた」とのこと。パンダブーム立役者の一人として認知されているようだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
上野動物園でパンダのリーリー、シンシンの公開が始まって、はや2ヵ月。週末はもちろんのこと、時間によっては、平日でも行列は必至なほど人気だという。そんななか、ネットでもパンダ愛好家たちが盛り上がっている。

そのひとつ、パンダ好きのツイッターユーザーのためのコミュニティサイト「パンダったー」は、2010年、パンダの日である3月11日に公開され、パンダをこよなく愛するというohsuda氏が管理人を務めている。そこでは和むパンダの映像や、「ジャイアントパンダ」という名のパンを紹介したりと、パンダ愛好家たちによる情報交換が盛んだ。

また、同サイトの管理人は、上野動物園周辺のパンダスポットを共有できる「みんなでつくる上野パンダマップ」を公開している。パンダにまつわるメニューを出す飲食店やパンダ像の場所が投稿されている。

ほかにも、パンダの「珍さん」がメインキャラクターを務める「珍さんランド 珍さん! GO! GO!」というサイトでは、「珍さん」の日記や占いのほかに「知ってる?パンダトリビア」というページが充実。たとえばパンダのしっぽが黒だと思う人が多いが実際は白だとか、パンダはいつから日本で人気になったのか、といったトリビアが満載だ。

1972年に初めて「ランラン」「カンカン」が来日した時が第1次ブーム。1986年にトントンが誕生した時が第2次ブーム。そして、いまが第3次ブームというわけで、ネットでもパンダ愛好家の盛り上がりはまだまだ続きそうである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト