ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ヤフオクに救急車登場 お値段113万3000 円~

2011.06.15 WED

噂のネット事件簿


今回救急車が出品された「ヤフオクくるま市場」。軽自動車からフェラーリ、さらに冷凍車まで多彩なラインナップが出品されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
これまでにも「古本漫画4万2000冊」「倒産した玩具店の在庫」「『探偵ファイル』元編集長」など様々なものが出品されてきたYahoo!オークションに、先日、本物の救急車が出品された。

6月8日にオークションに登場したその救急車は、神奈川県の中古車業者が出品した「ハイエースコミューター 救急車 ストレッチャー 別売20万」という代物。年式が「平成3年(1991年)4月」、走行距離が「3万9800 km」というこの車は、ボディが白地に赤線、天井には横長の赤色灯が搭載された「完全なる救急車」であり、商品には「後部にリフトがついていますので、ロール式のストレッチャーでなくとも、格納できます」の説明文が添えられていた。

8日に113万3000 円でスタートした救急車のオークションは結局14日の入札締切日になっても入札はゼロ。ネット住民からは「やべえちょっと欲しい」「こんなん出回るモンなのかww」と注目が集まっていたが、残念ながら売買は成立しなかったようだ。

ヤフオクには、今回の救急車のほか、過去には白バイや消防車なども出品されたことがある。なかでも消防車のケースは、自治体が払い下げ品として出品しゴルフ場の水まきなどでの使用を想定したものだった。赤色灯が付けられたこれらの車両は、緊急車両登録を受けなければ一般道を走行することはできない。そのため、コレクション用には高額と考えるのか、売買が成立するケースは少ないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト