ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『るろうに剣心』勝手にキャスティング ヒロインはAKB?

2011.07.01 FRI

噂のネット事件簿


原作漫画は、1994年以来累計5000万部が発行されたという。アニメは今年で15周年記念と、息が長い人気漫画だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
時代は明治、天才剣客・緋村剣心が主人公の漫画『るろうに剣心』が佐藤健主演で実写映画化されるという。アニメ化もされた人気漫画なだけに2ちゃんねるの掲示板などネットで大きな話題となっている。主演以外の俳優は発表されていないことから、トピックは自然と理想の配役を考える“キャスティング大会”に。

まず、美貌と剣の腕を兼ね備えるヒロイン・薫役には「前田敦子」などAKB48のメンバーのほか、剣術が似合いそうだということから「柴咲コウ」「夏帆」「貫地谷しほり」といった声。剣心の宿敵で、身長が高く、美男子という設定の蒼紫役には「Gackt」「要潤」「小栗旬」、剣心の仲間でアニキ肌の左之助役には「速水もこみち」「佐藤隆太」「DAIGO」などが2ちゃんねるで“キャスティング”されている。

一方、思い入れの強いファンからは「漫画を実写映画するのやめて」という声が多数あがっている。主演に選ばれた佐藤も、自身のブログで『るろうに剣心』実写化の難しさを認め、ビジュアルや殺陣が命となる漫画だけに、当初は自身でも無理だと思ったことを告白。しかしその後“このスタッフならできる”という確信を持ったことをつづっている。

そんな佐藤のエントリーには、原作のファンと思われる人々から、「剣心役が健君なら、OK!」「るろけんをされるのが佐藤健さんだと聞いてワクワクしている僕がいます。笑」「健くんがあの髪型、姿になったのを想像したら似合うし、近いかも!と思いましたよー!」など、佐藤なら応援するというコメントが多数寄せられている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト