ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『ぷよぷよ!!』のプレイ動画投稿が公式に解禁

2011.07.22 FRI

噂のネット事件簿


ニコニコ動画にアップされた『ぷよぷよ!!』のプレイ動画。動画を公開する際には、プレイ動画内またはプレイ動画の説明文の中に、「(C)SEGA」の著作権表示を入れる必要がある ※この画像はサイトのスクリーンショットです
セガは、7月14日に発売されたニンテンドーDS用ソフト『ぷよぷよ!!』のプレイ動画を動画サイトやブログ、SNSなどに投稿することを公式に認めると発表した。

セガの公式サイトによると、プレイの生中継を含む動画の投稿が可能となるのは、個人的、かつ非営利目的のブログ・ホームページ、及びSNS・ツイッターと動画投稿サイト。営利目的のサイトや「わいせつ・暴力的その他公序良俗に反する内容」のサイトなどでの動画公開は認められないとのこと。また「動画中の画像の加工・改変」も許可されない。

現在、動画投稿サイトでは投稿が許可されていないゲームのプレイ動画が数多くアップされており、また生配信されるケースも多い。当然、これらのプレイ動画投稿や生配信のほとんどが、著作権保護の観点からいえば違法ということになる。

特に問題となっているのが、アダルトゲームやアドベンチャーゲームなど「シナリオ」に重点が置かれたゲーム。これらのジャンルではプレイ動画の投稿による「ネタバレ」が、ソフトの売れ行きに大きな影響を与えてしまう可能性が高いと考えられているのだ。実際、過去にはゲームメーカー・ビジュアルアーツの馬場隆博社長が、アダルトゲーム『クドわふたー』のプレイ生配信について、「お客さんからは法的措置を強く求める声も」「私はクリエイターに泣きつかれたら、断固(編集部註:法的な対応を)やる」と、ツイッターで発言したこともあった。

そんな状況での『ぷよぷよ!!』のプレイ動画の投稿解禁は、ある意味では画期的だが、セガのサイトによると、「ネタバレとなる『ひとりでぷよぷよ』内の『ストーリー』『ショップ』、『おぷしょん』内の『デモ』に関してはプレイ動画をご利用いただけません」とのことで、「ネタバレ」につながる動画については、やはり解禁されていない。今回は、あくまでも「パズルゲーム」として解禁されたということのようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト