ネット界の“旬”なニュースをお届け!

2ちゃんねらーの大喜利がツイッターユーザーに好評

2011.07.26 TUE

噂のネット事件簿


ネット住民たちの大喜利にツイッターユーザーも大笑い。大喜利参加者にとっても「こいつらばかだなぁww」は何よりのほめ言葉かも ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2ちゃんねるの雑談掲示板「ニュース速報VIP板」で、「○○で『こいつ…………できる!』と思わせる方法」というスレッドのブームが到来。「書店で…」「銭湯で…」「運動会で…」などの別バージョンも登場し、ネット住民が盛り上がっている。

盛り上がりのきっかけとなった「書店で…」に登場した書き込みは、

「広辞苑を立ち読み」
「レジ直行して『いつもの』」

などなど、行われているのは要するに“大喜利”。ネット住民たちがひたすら“お題”に対する答えを書き込んでいくのが醍醐味の大喜利スレッドには、ルールや終わりなどは定められておらず、今回の場合は、「書店で…」が盛り上がったため、

(「銭湯で…」バージョン)
「備え付けのシャンプーを指差して『このシャンプー無料なんすよwww』」
「子供の様な瞳で番台の人に『だめ?』って女湯に入ろうとする」
「サウナの扉全開しといて『換気しときましたよ!』としたり顔で言う」
「自分が使い終わった椅子を違う人が使った時『その椅子さっき使ってたの俺なんスよwwwww』」

(「運動会で…」バージョン)
「玉入れの玉を来賓の顔面にドーン!!」
「かけっこしてる人に『必死っすねwww』と言う」

など、別バージョンも登場した。

そして、「銭湯で…」のスレッドが2ちゃんねるのまとめサイトで紹介されると、このネタは順調に拡散され、

「どれも酷いwwwww」
「こいつらバカだなぁwwwww」
「電車の中でニヤニヤしちまったw 無駄におもろいw」

と、ツイッターユーザーが200人以上まとめサイトについてつぶやいている。これまでなら、2ちゃんねらーだけの間で埋もれてきたお気楽なネタがツイッターでも拡散されるようになり、ネット住民たちの”無駄な努力”が多くの人の目に触れるようになってきているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト