ネット界の“旬”なニュースをお届け!

バンダイがガンプラ世界一を決めるコンテスト開催

2011.07.26 TUE

噂のネット事件簿


大会のオフィシャルサイトもオープンされている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
20日、バンダイがガンダムのプラモデル(以下「ガンプラ」)作りの世界一を決めるコンテスト『ガンプラビルダーズワールドカップ2011』の開催を告知。ガンプラの発売元のバンダイによる、世界規模では初となる公式コンテストの開催に、ガンプラファンたちが目を輝かせている。

このコンテストは、ガンプラの工作技術や塗装技術、アイデアなどを競うもの。大会は日本、中国、韓国、香港、オーストラリア、アメリカ、イタリアなど13の国と地域で順次開催され、12月に香港で開催される「ガンプラEXPOワールドツアー香港2011」でガンプラ世界チャンピオンが決定する。

1980年の発売開始以来、根強い人気を誇るガンプラは、各所でコンテストが開催されており、一番有名なものは『月刊ホビージャパン』誌主催の「オラザク」。こちらの入賞作品は、「オラザク」で画像検索すると「これでもか!」というぐらいネット上に画像が出品者によってアップされており、精緻を極めた芸術品レベルの作品を閲覧することができる。

バンダイ主催のコンテストへの応募はすでに25日から受付を開始している(9月9日締切)。バンダイ審査員による1次審査、「全日本ホビーショー」(10月開催)での二次審査、そして「ガンプラEXPOワールドツアーJAPAN2011(仮称)」(今秋開催予定)での最終審査を経て、日本大会の代表となる作品を決定し、世界大会へとコマを進めるという流れ。ネット上には、

「間違いなく上位はおっさんだらけになる」
「なんだ、制限時間内で作る『料理の鉄人』方式じゃないのか
子供は勝てないよ」
「もちろん、応募作品は一般公開されるんだよね?
見たいわ~」
「優勝は俺のアッガイで決まりだな」

など、大会に対して注目が集まっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト