ネット界の“旬”なニュースをお届け!

愛知県が月給30万円で離島PRブロガーを募集

2011.07.28 THU

噂のネット事件簿


オーディションで決まるという、愛知の離島PRブロガー。愛知県の緊急雇用創生事業基金事業となるため、現在失業中でなおかつ求職していることが応募条件となっている ※この画像はスクリーンショットです
愛知県は、同県内にある佐久島、日間賀島、篠島の3つの離島をネット上でPRするためのブロガー募集を開始した。

公式サイトによると、募集されているのは各島1名ずつの計3名で、就業期間は2011年9月1日から12月28日までの80日間。朝10時から夕方6時までの勤務で、通勤手当を含んだ月給は30万3000円となっている。業務の内容は、島で様々な体験をしたうえで、その魅力をブログなどを活用して伝えること。島に住む必要があるかどうかは明記されていないが、80日間のほとんどを離島で過ごすこととなるのは間違いないだろう。

PRブロガーになるにはオーディションがあるとのことで、そこでは「島のために何ができるか」というマニフェストを掲げる必要があるという。その内容については「140文字以内で表現できればどんなモノでも構いません」とのこと。文字数から考えるに、ツイッターでの展開がありそうだ。

以前、オーストラリアのハミルトン島でも同様のネットを使ったPRの仕事が、半年で15万豪ドル(約1000万円)の報酬で求人され、大きな話題になったが、今回のケースはハミルトン島に比べると規模は小さいといわざるをえない。しかし、2ちゃんねるでの意見を見てみると、

「この島、愛知県では有名なリゾート地じゃねえか…
羨ましすぎる」
「俺、篠島担当なるわ。大あさり食いまくりたい。あと街並み好き」
「すげー行きたいんだけど試験みたいなのあるのかな」

と、なかなかの好反応で、魅力的な仕事であると感じたネット住民も少なくなかったようだ。

PRスタッフの募集は郵送で行われており、締め切りは8月12日必着となっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト