ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ミニストップだけを利用して自転車で帰省する男が登場

2011.08.03 WED

噂のネット事件簿


ゴール直前の花澤さん。度重なる過酷な罰ゲームを実行した結果、まるで化物のような姿に ※この画像はサイトのスクリーンショットです
毎日お馬鹿なことを表現するサイト「オモコロ」の新スタッフが、「東京から兵庫までミニストップにだけストップして帰省してみた」というチャレンジを行い、その模様をツイッターで実況し、大きな話題を呼んでいる。

この企画に挑戦したのはオモコロの新スタッフである花澤さん(男性)。この花澤さんが、7月27日の早朝に自転車で東京を出発してから、兵庫県の実家に到着するまでをツイッターで実況するというチャレンジなのだが、以下のような厳しいルールに従わなくてはならないのだ。

・道中、トイレや買い物の際はミニストップしか寄ってはいけない
・スマートフォンでミニストップの場所を検索することは禁止(人に聞くのはOK)
・どうしてもミニストップ以外に立ち寄る必要がある時はセブン-イレブンが使えるが、罰ゲームサイコロをふって必ず指令をこなさなければならない(指令はセブン-イレブンの『ネットプリント』で手配)
・夜はホテル宿泊を認める(ただし飲食できるものはミニストップか、罰ゲームをこなしてセブンイレブンで買ったものだけ)

「ネットプリント」とは、セブン-イレブンに設置されているコピー機をパソコンのプリンタのように使用するサービスで、ネット経由で任意の文書ファイルをプリントアウトすることができる。今回のチャレンジでは、このサービスを使うことで、オモコロスタッフがあらかじめ決めておいた罰ゲームを発表するというわけだ。花澤さんに課せられた罰ゲームは全部で13個。その一部はこんな感じだ。

・大きめの石を次の県境まで持ち運ぶ
・安全カミソリで両方のもみあげを剃り落とす
・油性ペンで泥棒ヒゲを書く
・道行く人にアヘ顔ダブルピースの写真を撮ってもらう
・顔面を白い塗料で塗り口紅をつける

花澤さんはそんな厳しい罰ゲームを実行し、それらを逐一ツイッターで実況するのだが、それに対して、フォロワーたちは、応援しつつも、厳しいツッコミを入れて、楽しんでいた。

当初の予定では、27日に東京を出発し30日には兵庫の実家へ到着するはずだったが、罰ゲームが過酷だったからか、結局花澤さんが実家についたのは8月1日の夜。最終的には、もみあげを切り落とし、口の周りに泥棒ヒゲを書き、顔を白塗りにした姿での帰省となってしまった。

このチャレンジの模様は、ツイッターのまとめサイトTogetterに「東京から兵庫までミニストップにだけストップして自転車で帰省してみた」としてまとめられている。500件以上のつぶやきを含む、かなり長いまとめとなっているにもかかわらず、7月27日の「人気まとめ」ではトップとなるほどの注目を集めている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト