ネット界の“旬”なニュースをお届け!

東映のYouTubeチャンネル 動画再生64万突破

2011.08.04 THU

噂のネット事件簿


テレビシリーズで公開される主な作品は、仮面ライダーBLACK/ 超新星フラッシュマン / 忍者戦隊カクレンジャー / 電磁戦隊メガレンジャー / 宇宙刑事ギャバン / 機動刑事ジバン /燃えろ!!ロボコン/魔法少女ちゅうかなぱいぱい!など ※この画像はサイトのスクリーンショットです
東映は8月1日、YouTubeに公式チャンネル「東映特撮 YouTube Official」を開設した。サービス開始段階で『仮面ライダーV3』や『秘密戦隊ゴレンジャー』『人造人間キカイダー』など同社の人気作品120本をアップ。

ネット上ではサービス開始から

「東映太っ腹だな」
「キカイダーうれしす>< 」
「ロボコンもあるんだ♪」

などと歓迎する声が多く、8月3日朝9時45分段階ですでに1万4914人のチャンネル登録者を獲得し、動画再生回数は64万8283回となっている。

テレビシリーズは毎週更新されており、たとえば『ゴレンジャー』は現在第1話と第2話を試聴することが可能。東映では「内容がどんどん入れ替わっていくので、見たいエピソードはお見逃しなく!」と呼びかけている。

また、同チャンネルでは、「劇場版」や『仮面ライダー裏キバ』などどの「スピンオフ」も視聴可能だ。東映特撮ファン垂涎のラインナップで、

「ギャバン観れるぞ!ギャバン!!(`Д´)ノ」(原文ママ)
「画期的だなあ。コンテンツホルダーとしての目覚めだ!」

などと称賛されている。

YouTubeとあってすべて無料だが、東映は、8月6日に公開される『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』の会見の動画や、予告編動画なども公開中。そのなかの「【予告編】劇場版 仮面ライダーオーズ/海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」という動画は、予告だけにもかかわらず13万2483回も再生されるほどの人気である。

東映ではYouTubeを利用してファンを増やし、違法動画も減らしたい狙いとの構えだが、スタートは好調のようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト