ネット界の“旬”なニュースをお届け!

松田選手の訃報にネットにあふれる悲しみの声

2011.08.09 TUE

噂のネット事件簿


サッカー解説者の中西哲生氏による、病院に搬送された松田選手に向けたメッセージ。多くのサッカー関係者が、松田選手の無事を願ってメッセージを送った ※この画像はサイトのスクリーンショットです
JFL・松本山雅FCに所属する松田直樹選手が4日、長野県松本市の信州大病院で死去した。あまりにもショッキングなこの訃報に、ツイッターやブログ、2ちゃんねるなどでは、松田選手を悼むメッセージが数多く寄せられている。

松田選手が練習中に急性心筋梗塞で倒れ、心肺停止の状態で病院に搬送されたのは2日のこと。このニュースが報じられると、ツイッターでは「マツ、頼むから帰ってきてくれ。お前は日本サッカーに、絶対必要な人間なんだ」(サッカー解説者・中西哲生氏)、「熱い気持ちがプレーに出ていて、とても好きな選手。松田直樹選手…がんばってください!」(日テレ・ベレーザ・岩清水梓選手)などと、松田選手の無事を祈るメッセージが投稿された。これらのほかにも、前園真聖氏(サッカー解説者)、柏木陽介選手(浦和レッズ)、安田理大選手(オランダリーグ・フィテッセ)、槙野智章選手(ブンデスリーガ・1.FCケルン)など、多くのサッカー関係者がツイッターでメッセージを寄せた。

その後、人工心肺装置で血液の循環を維持していたものの、意識は戻らず、4日の午後1時6分に、松田選手は死去した。この訃報に対し、サッカー関係者だけでなく、多くの有名人やサッカーファンが、ツイッターやブログで追悼のメッセージを送った。また、2ちゃんねるの関連スレッドでも「残念だ。松田のガツガツしたサッカーは忘れないよ」「何言ってんだよ 松田が死ぬわけないだろ」「うそつくなおい」などと、死を悲しむとともに、ショックを隠せないネット住民も多かった。

また、様々なものをまとめて紹介する「NAVERまとめ」では、「【追悼】松田直樹の軌跡・伝説まとめ【横浜Fマリノス/ミスターマリノスと呼ばれた男】」として、松田選手に関するエピソードがまとめて紹介されている。8日午前0時の時点で、閲覧回数は14万回以上。多くのネット住民が、松田選手が生きた証を心に刻もうとしているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト