ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Googleがモトローラ買収で「何が始まるか」激論

2011.08.18 THU

噂のネット事件簿


世界に激震が走った買収劇 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
15日、米GoogleがMotorola Mobilityを125億ドル(約9600億円)で買収することが報じられた。世界的な検索サービス会社大手が携帯電話メーカー大手を買収するのは前例がなく、ネット上には興奮した声が多数投稿されている。

いち早く報道を捉えた2ちゃんねるでは、「いったい何が始まるんです?」と、ニュースに驚きながらも具体的な部分がピンとこないという声があるものの、「これはとんでもないことになったな」と、興奮した人からの投稿が殺到。Googleが何を始めるのかという点について議論が紛糾し、

「正真正銘のGoogle製スマートフォンが出るわけですね」
「うおおおおおマジか・・・
ついにハードウェアの世界に進出かよ
モバイル業界が熱くなるな」

という意見のほか、Motorola Mobilityが携帯電話ハードの特許を多数保持しているといわれることから、

「Androidが訴訟攻撃で死亡寸前だったから、反訴用の特許をごっそり持ってるモトローラを買おうってことやね」
「これで特許やセキュリティ問題が解決できると良いな」

という見方も。実際、Googleは買収の目的について、Androidに対する特許紛争が増加していることをあげ、多数の特許を保有するMotorola Mobilityを傘下におくことで、Googleの保有する特許群を強化し、マイクロソフトやアップルなどからの申し立てに対して身を守ることができるという考えもあると、述べている。

また、GoogleとMotorola Mobilityは今後も別々の会社としてAndroid市場のさらなる強化と競争力の向上を図り、Androidもオープンなライセンス形態を継続するという。様々な憶測が飛び交っているが、スマートフォンが新たな局面を迎えたことは間違いないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト