ネット界の“旬”なニュースをお届け!

北海道ご当地キャラ 真打ち登場?ツイッターはすべきか否か

2011.08.22 MON

噂のネット事件簿


北海道はこのほかにも、「まりもっこり」「メロン熊」など、個性的なご当地キャラクターが多いことでも知られる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ご当地キャラといえばすっかり“ゆるキャラ”が定着。“ゆるキャラ”の名付け親であるみうらじゅん氏はその定義 を「1. 郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること」「2. 立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること」「3. 愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせていること」としているが、このほど、味付けジンギスカン発祥 の地・北海道滝川市にご当地キャラクター「ジンギリバー」が登場し、ネットでは「怖い」と話題になっている。

北海道新聞 の説明によると、ジンギリバーの姿は、サフォーク種の羊をイメージした黒い顔や体と胸のジンギスカン鍋が特徴。記事で紹介されたジンギリバーの写真を見たネットユーザーたちは

「悪役じゃねぇか」
「仮面ライダーの敵キャラだろ」
「ゴレンジャーにでてくる怪人か?」
「ウルトラセブンに出てきたペガッサ星人やベガ星人に似てる…w」

と特撮ヒーローものの敵キャラを想起する人も多く、一様にこれまでにないイメージの“ご当地キャラ”にびっくり。一方で、

「ゆるキャラも新しい時代に入ったか」
「完全に悪役w でも可愛いキャラより新鮮でいい」

など、斬新なデザインを評価する声もある。また、ご当地キャラがツイッターをするケースも多いが、折しも長万部町「まんべくん騒動」の直後だけに、ツイッターについては

「早くツイッターはじめろよ」
「毒舌を売りにしてツイッターを始めてみてはどうだろうか」
「これでツイッターやって紳士なキャラだったら笑うな」
「どう見ても悪者、ツイッターはやめとけよ」

と、意見が分かれるところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト