ネット界の“旬”なニュースをお届け!

鳥人間コンテスト 優勝・東北大中村さんの「東北魂」

2011.08.24 WED

噂のネット事件簿


放送では、震災でやられた機体の部品を部員が修復している場面も。中村さんは「東北は強いっていうことを見せてやりたい」と抱負を語っていた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
19日に放送された『鳥人間コンテスト』(日本テレビ・読売テレビ系列)の「人力プロペラ機ディスタンス部門」で、東北大学・Windnauts(ウインドノーツ)のパイロット・中村拓磨さんが優勝した。2位・東京工業大学の8182.8mに対し、1万8687.12mと圧勝した彼の根性と飛行中の熱いセリフがおさめられた放送は、「感動する」「勇気をもらった」などと、ネット上で話題になっている。

中村さんは、出だしは順調で抜群の安定感があるようにみえたが、3kmを超えた地点でGPSと無線のトラブルが判明し、大きく迂回。奇跡的に正規コースに復活したものの、その後も左足がつるなどしながらも飛行を続け、実況の羽鳥慎一アナウンサーに「精神が肉体を超えた」と言わしめた。テレビを見ながらネットに接続していた大手掲示板・2ちゃんねるのユーザーやツイッターユーザーたちは、中村さんの頑張りにクギ付け。中村さんの、

「GPSが無いと俺は運転も出来ねぇのかよッ!」
「へへっ…悪いなヘボパイロットで…」
「エンジンだけは一流のところをみせてやるぜ」
「俺の人生は晴れときどき大荒れ…! いいね! いい人生だよ!」
「東北大学だろ…ウインドノーツだろ!!!!」
「回れっ回らんかぁああ!!!!!」
「動けぇええええええぇえ」

などという飛行中のセリフも相まって、

「涙が出てきた」
「がんばれえええええええええええええええ」
「おまえ大好きだwww」
「凄すぎる」

と、応援の嵐となった。放送が終わった後も、中村さんの“名言”人気はとどまることを知らず、ニコニコ動画にも

「格好良かった。目頭が熱くなったぜ」
「もうこいつは鳥だ…不死鳥だ」

など、感動のコメントが多数書き込まれていた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト