ネット界の“旬”なニュースをお届け!

小室哲哉、深夜のスタジオライブ配信に6000人興奮

2011.08.25 THU

噂のネット事件簿


深夜のスタジオライブを生配信した小室哲哉。朝方に近い時間帯だったが6000人以上が視聴した ※この画像はサイトのスクリーンショットです
音楽ライブ配信サイト「DOMMUNE(ドミューン)」は、8月19日に東日本大震災復興支援イベント「FREEDOMMUNE 0<ZERO>」を川崎市の東扇島東公園で開催する予定だったが、当日川崎市に大雨洪水警報が発令されたため、イベントは中止となってしまった。

ジェフ・ミルズやテイ・トウワなどの世界的に有名なDJの出演や、小室哲哉や神聖かまってちゃんなど著名アーティストのライブも予定されていたこのイベント。入場料が無料という点でも注目を集めていた(※ただしネット上での事前予約は必要だった)。

だが、イベントが中止になってしまったため、予定されていたネットでの生配信も当然のことながら中止に。代替プログラムとして、会場に集まっていた出演予定だったアーティストや文化人によるトークプログラムが特別に配信された。

また、イベント中止を受けての特別プログラムとして、特に大きな盛り上がりを見せたのが、当日の深夜に急遽生配信された小室哲哉のスタジオライブだ。小室は日付が変わった20日の午前1時前にツイッターで、

「今回の趣旨に賛同して考えたセットリストを朝日が登るまでにぜひ聴いてもらいたい、という想いから、DOMMUNEさんのチカラをお借りして、自分のスタジオからライブ配信を決めました。(後略)」(原文ママ)

と宣言。そして、20日の午前3時半ごろから、DOMMUNEで小室哲哉のスタジオライブが配信された。

約1時間のライブで、globe『OVER THE RAINBOW』やTMネットワーク『GET WILD ‘89』などを披露。途中キーボードが落下して鍵盤が折れるハプニングなどもありつつ、ラストにはビートルズの『LET IT BE』を演奏した。また、演奏しながらiPadでツイッターに投稿するという一幕もあった。

午前3時から4時という深夜帯にもかかわらず、6000人以上が同時視聴するほどの盛り上がりだったこのスタジオライブ生配信。ツイッターでの反応を見ると、「超アグレッシブ。野外でこれやってたらすごいことになってたんだろうなぁ~」「野外で聴きたいぃぃ」などとイベントの中止を残念がる声も少なくなかった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト