ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Webサイトの価値 1位のANAは1079億円

2011.09.02 FRI

噂のネット事件簿


1000億以上の価値があると算出されたANAのサイト。WEB限定のパッケージツアーも用意されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本ブランド戦略研究所は29日、「Webサイト価値ランキング2011」を発表。1位は全日本空輸で、Webサイトの価値は1079億円と算出され、以下パナソニック(883億円)、トヨタ自動車(723億円)、NTTドコモ(603億円)、ホンダ(570億円)が続いた。

このランキングは、同研究所が2006年から発表しているもの。調査対象は日本国内の個人向け事業に限られており、Webサイトによって得られる接触効果(アクセス頻度など)、好感効果(コンテンツの見やすさなど)、販売効果(商品を購入・検討したかなど)、ロイヤルティ効果(サイトのお役立ち度など)の4つを把握することで、企業が運営するWebサイトの事業貢献度が明らかにされている。

昨年の1位はパナソニックで、Webサイトの価値は811億円だったこのランキング。昨年は4位(582億円)だった全日空が、この1年で500億円近く価値を高め1位にジャンプアップ。同研究所の分析によれば、運輸・レジャー、電子・電機、自動車・バイク、情報・通信などが上位にランキングされているという。

この調査結果が報告されると、ANAのサイトを使用したことがあると思われるネットユーザーからは、

「ANAの予約サイトは良く利用しますし、JALよりわかり易い」
「スーパー旅割だけはガチ。
知らないと本当に損をする」

と、納得の声が上がっているが、一方では、

「根拠となる計算式も見せてほしい」
「価値の意味がわからん」

と、数字に疑問を呈する声も。同研究所が発表した数値は、企業のWebサイトにおける力の入れ方を知る意味で興味深いデータではあるものの、使いやすさなど、実際はお金を払っていない“サイトでの体験”に価格を付けることに違和感を覚えたネットユーザーも少なくなかったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト