ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット上で「こち亀」終了との噂 しんみりする人も

2011.09.07 WED

噂のネット事件簿


連載35周年記念企画「13誌出張版企画」とは、集英社の発行する漫画雑誌に両さんが“出張”し、週刊少年ジャンプ以外で「こち亀」の完全描きおろしが読めるというもの。7日には『週刊ヤングジャンプ』で読めるという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
あの長寿漫画「こち亀」がついに最終巻を迎えるという噂がネット上で広まっている。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、『週刊少年ジャンプ』に1976年より連載が続けられている人気漫画。単行本は8月時点で176巻まで刊行されているが、その「最終巻」が出るという噂のソースは、同誌に載せられた作者・秋本治氏の

「JC初版限定特別仕様の最終巻は12月発売です。それまでは、13誌出張版企画を読んで待っていてください。よろしくですッ!<治>」

という告知。このページが撮影され、Twitter上に投稿されると、画像はまたたく間にネット上をかけめぐり、「最終巻」という単語に反応したファンらがTwitterや掲示板で情報を拡散し、Twitterのトレンド情報にもあがるほどのホットな話題となっていた。

ネット上では、

「何々こち亀終わるの??」(原文ママ)
「えぇ?!ついに終わるんだ?!」
「こち亀終了マジ?」
「こち亀終了ってほんと??」

と信じられないという人が多数ツイートしているかと思えば、

「・・・・・・・・・ながかったよね。ついに終わると思うと、ちとさびしい。。。」
「しぬまで連載するもんだと思ってた
こち亀なくなったらもう少年ジャンプってイメージなくなっちゃうな」
「ふと、昔の話を読み返してみると涙でそうになる事があるわ。歳かな」

と、しんみりする人も。一方、氏のコメントをよく読んだ人は「どこが連載終了なの?『JC初版限定特別仕様』が次で終わり(最終巻)なだけでしょ?」「初版仕様で印刷される最終巻という意味です」と冷静だ。

漫画好きの人が多く集まる、2ちゃんねるのまとめサイト「オタク.com」では、「JC初版限定特別仕様の最終巻」とは、「2011年発売のこち亀単行本初版には全ておまけが付いてて、それが付く最後の単行本が12月発売ってのが正解」と説明されており、「普段から単行本買ってる人からすれば何言ってるかよくわかるが、買ってない人からすると最終巻と勘違いしてもおかしくない文章だよなー」と投稿する人もいた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト