ネット界の“旬”なニュースをお届け!

小宮山大臣がたばこ値上げ案発表 野田首相は愛煙家

2011.09.08 THU

噂のネット事件簿


たばこ値上げを主張した小宮山洋子氏の公式サイト。小宮山氏が所属している禁煙推進議員連盟には、ほかに鳩山由紀夫氏、福島瑞穂氏、江田五月氏などが所属している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4日に発足した野田新内閣で厚生労働大臣を務める小宮山洋子氏が、5日の記者会見で「たばこは1箱700円にすべし」と発言。この発言をきっかけに、あらためてたばこに関する議論が巻き起こっている。

厚労相に就任した小宮山氏は、嫌煙活動の急先鋒として知られている政治家。超党派の禁煙推進議員連盟の事務局長を務める氏は、かねてより「日本はたばこが安すぎる」と主張しており、5日の会見では、「たばこ価格の世界平均は600円台」と述べたうえで、「1箱700円を目指す」と発言した。

すると、この発言は愛煙家、嫌煙家双方の関心を呼び、ネット上は賛成と反対の意見が入り乱れる結果に。嫌煙家たちが、

「おれは応援してるぞー」
「民主に入れてよかった」
「国民の健康を考えたら1箱7000円くらいでいいのでは」

と、小宮山氏の主張を強力に後押しすれば、愛煙家たちは、

「700円?マヂかよ・・・
もう禁煙するしかないな」
「どうせなら一箱1200円にしてくれ
そしたら迷わずやめられるw」
「タバコもっと値上げしてもいいよ
そうしたらタバコ吸ってる人=お金持ちになってモテる」

と、もはやあきらめ、もしくは強がりモード。また、愛煙家か嫌煙家かは不明だが、

「ただの安易な増税だろ」
「次は酒税だろ」
「この増税が通ったら酒、ガソリン、消費税なんでもかんでも増税間違いないな」
「上げやすいから上げますってのはどうかと思うぞ」

と、安易な増税を諌める意見も数多く登場している。

今回首相に就任した野田氏は愛煙家として知られ、たばこの値上げには慎重な姿勢を示している。また、6日には記者会見で、「(厚労省は)700円に上げると決める省ではない」と小宮山氏自身発言している。野田氏にしてれみば、就任早々身内からの“反乱”にあった形だが、小宮山氏のトーンダウンもあり、すぐさまたばこが値上げされることはなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト