ネット界の“旬”なニュースをお届け!

山手線 乗降位置・次の駅情報配信サービス開始

2011.09.09 FRI

噂のネット事件簿


「山手線トレインネット」サイトは9月20日に公開予定 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
JR東日本は、10月4日から山手線の運行状況や乗降位置、乗車率・車内温度などの情報をスマートフォンで取得できる「山手線トレインネット」サービスを試行すると発表した。

「山手線トレインネット」のアプリをダウンロードし、車両内でのパーソナルな情報提供システム「infoPiC」が搭載された列車に乗車すると、無線LAN経由で、ユーザーの現在位置に応じた情報が手持ちのスマートフォンにリアルタイムで表示されるようになる。例えば、東京駅の手前にさしかかると東京駅に関する情報が表示されるといった具合だ。鉄道関係情報のほか、沿線ニュース、コミックや小説、動画、エキナカ店舗のキャンペーン情報やクーポン、トレインチャンネルと連動した動画広告などの配信を想定しているという。

ネット上では、

「聞く限りだと便利そう」
「これは是非とも全線でやってほしいです」
「こ、これは本当に驚愕…未来を感じた」

と、このサービスに興味を持ったという声が多数あがっているが、

「情報を見るだけなら手元のスマホよりむしろ車内モニタでいい。暑いとか乗客から発信してこそ手元の意味があるのでは」

という意見も。JR東日本では、10月4日から約1カ月間の試行期間を経て、利用者へのアンケートを実施。提供するサービスの内容を評価・検証した上で、その後の実用化をめざすとしている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト