ネット界の“旬”なニュースをお届け!

自画撮り登山家栗城史多 エベレストに3度目の挑戦

2011.09.14 WED

噂のネット事件簿


3度目のエベレスト挑戦中の栗城氏。9月12日以降高度順応を行う予定だという ※このページの画像はサイトのスクリーンショットです
登山の様子を動画で配信しながら山頂を目指す登山家・栗城史多(くりきのぶかず)氏が、一昨年、昨年と失敗したエベレスト登頂に向けて、現在3度目の挑戦を行っている。

栗城氏は、これまでチョ・オユー(8201m)、マナスル(8163m)、ダウラギリ(8167m)というヒマラヤ山脈の8000m峰のうち3つを制した登山家。彼の登山スタイルの最大の特徴は、自らの登山の様子を自分で撮影し、その様子を動画で配信している点で、その方法も「自分を撮影する時は三脚を立ててタイマーで撮影します。最初に登った時にカメラを設置して、引き返して登って来る所を押さえます」(Apple Storeのトークショーより、原文ママ)と、極めてシンプルだ。

今回3度目となるエベレスト挑戦は、8月30日からスタート。YouTubeには、「初日 エベレストへの挑戦が始まる」という動画から始まって、空港~キャラバン~ベースキャンプと着実に歩を進める彼の様子が毎日投稿されており、9月12日現在、栗城氏は標高6000mのC1(キャンプ1)まで到達している(その後いったんベースキャンプに下山予定)。

11日には、よしもとが行っている「市民芸人発掘プロジェクト『芸人2』」とのコラボレーションでニコニコ生放送とUSTREAMにも登場。このほかにも栗城氏は山中からブログやツイッターも更新。YouTubeのコメント欄には、

「共有するって素晴らしいですね!!!」
「私も自分の中のエベレストに挑戦してしきたいと思います」(原文ママ)
「夢を叶えて無事帰還することを信じてます」

と、彼を応援するコメントが続々と寄せられている。

栗城氏は、このまま順調に登はんを続ければ、10月5日に山頂アタックの予定。成功の暁には、上述のよしもとが募集したお題「なんでそれやねん!エベレストの頂上で叫んだ第一声とは?」に寄せられた作品の中から選ばれた最優秀作を実際に山頂で叫び、その様子も動画で配信されるという。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト