ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『とある魔術の禁書目録』劇場アニメ化でネット大興奮

2011.10.05 WED

噂のネット事件簿


2010年10月から2011年4月まで、テレビでは『II』が放送されていた。『III』を待ちわびる声も多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月2日に開催されたイベント「電撃文庫 秋の祭典2011」で、ライトノベル『とある魔術の禁書目録』が劇場アニメ化されることが発表された。

「電撃文庫」は、アスキー・メディアワークスの文庫レーベル。同作品は鎌池和馬作のライトノベルで、04年4月に1巻が発売されて以来、昨年10月には原作が累計1000万部を超えた人気作。超能力を発現させるためのカリキュラムが組まれた「学園都市」で、特殊な能力が宿っている主人公・上条当麻の目の前に、“魔術”の世界から逃げてきたシスターが現れるところから物語は始まる。自らを「禁書目録」(インデックス)と名乗る彼女を追う“魔術師”との戦いなどを中心にストーリーは展開していく。

過去2回テレビアニメ化されたことはあったが、劇場アニメは初。このニュースに、ファンたちはネット上で

「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」
「うおおおおおおおおおおおおお
まってたぞおおおおおおおおおおお」
「ちょっとテンション上がってきたww」

と大興奮。

「映画って何やるんだろうな
総集編か、暗部編か、オリジナルか?」
「オリジナル濃厚だな」

など、劇場版ストーリーも議論の対象になっている。電撃オンラインによると、詳細は、10月10日に発売される『アクセル・ワールド』第9巻のオビ、そして10月11日に発売される『電撃文庫MAGAZINE』に掲載されるとのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト