ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「きのこの山 vs. たけのこの里」決着で議論爆発

2011.10.06 THU

噂のネット事件簿


1975年発売の「きのこの山」と1979年発売の「たけのこの里」。ネット上では、たけのこ派を「たけのこ厨」、きのこ派を「きのこ厨」と呼ぶこともある ※この画像はサイトのスクリーンショットです
定期的にネット住民たちの間で議論される定番のテーマがある。それは「きのこの山 vs たけのこの里」だ。発売から30年以上も愛され続けている明治のチョコレート菓子「きのこの山」と「たけのこの里」。このどちらがおいしいかを、それぞれのファンがネット上で激しく議論しているのだ。

そんななか10月1日に放送された『ランク王国』(TBS系)にて、「チョコレート菓子売上げTOP10」(番組調べ、原文ママ)が発表され、たけのこの里が3位、きのこの山が6位にランキングされた。つまり、売り上げの面でたけのこの里が勝利したというわけなのだ。

この結果に対し、敏感に反応したのは2ちゃんねるのニュース速報板。放送終了後に「たけのこの里vs.きのこの山 ついに決着!」というスレッドが立てられると、勝利したたけのこ派からは、

「たけのこ大勝利wwwwww
きのこ厨息してるwwwwwwwwwwwwwwww?」
「動かぬ証拠を突きつけられきのこ厨憤死wwwww」

と、勝ち誇った書き込みが多数投稿された。しかし、きのこ派もそう簡単には負けを認めようとせず、

「またたけのこ厨は情報操作か 汚いさすがたけのこ厨きたない」
「たけのこゴリ押し反対デモしてくる」

などと、ランキングの正当性に疑問を投げかける意見まで飛び出していた。

時に激しくお互いをディスり合いながら繰り広げられる、きのこ派とたけのこ派の丁々発止だが、実際には本気の議論というより、ネットバトルのパロディーといったほうが適切のようだ。ネット住民たちは、どうってことのない事柄について大袈裟に議論しバトルするという“お約束”を楽しんでいるというわけだ。

ちなみに、毎日のように“きのこ・たけのこスレッド”が立てられ、バトルの主戦場と化しているニュース速報VIP板では、なぜだかランク王国の話題はまったく盛り上がっていなかった。あまりにバトルのネタ化が進みすぎて、本来のお菓子そのものには興味がなくなってしまったということなのだろうか…。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト