ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ハッカー集団の調査報道サイトに冷ややかな視線

2011.10.13 THU

噂のネット事件簿


政府や企業からの内部告発を受けて、その内容を調査したうえで報告書として公開するアノニマス・アナリティクス。内部告発はサイト上で受け付けている。また、調査には会計士、弁護士など、各分野の専門家スタッフが関わるという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
世界各国の政府機関や大手企業にサイバー攻撃を仕掛けてきたことで知られる国際ハッカー集団「アノニマス(Anonymous)」が、内部告発情報の調査報道を行うサイト「アノニマス・アナリティクス(Anonymous Analytics)」を立ち上げた。

世界でもっとも有名なハッカー集団といっても過言ではないアノニマス。アラブ諸国での反政府デモの際は、チュニジアやエジプトの政府機関をターゲットにハッカー攻撃を行ったほか、9月下旬にシリア国防省のウェブサイトを乗っ取ったことも記憶に新しい。

そんなアノニマスが立ち上げた調査報道サイト「アノニマス・アナリティクス」は、政府や企業の内部告発情報をサイト上で受け付け、それをもとにアノニマスが調査を行い、その結果を報告書として公開するというもの。内部告発サイトといえば「ウィキリークス」がおなじみだが、ウィキリークスが内部文書をそのまま公開するのに対し、アノニマス・アナリティクスは、読者にとってよりわかりやすい形で公表するのだという。

違法なハッカー集団による調査報道サイトという、前代未聞の「アノニマス・アナリティクス」だが、日本のネット住民たちはどう捉えているのだろうか。2ちゃんねるの関連スレッドを見ると、

「ただ名無しさんを名乗ってるだけなのに組織扱いされる件」
「犯罪者集団のイメージが染みついてるからなあ」
「データーをそのまま出すのがいいのに万人にわかりやすくするって事は改竄(かいざん)と同じだからな」

などと、比較的冷ややかな反応が多く、なかには、

「アノニマスっていう不法集団があるんですけど
まずそこから調査報道してください」

と、皮肉をぶつけるネット住民もいた。あくまでも違法ハッカー集団による調査報道サイトということで、安易に歓迎する雰囲気にはなっていないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト