ネット界の“旬”なニュースをお届け!

カラフルな粉末ジュースで絹染色する動画が人気

2011.10.14 FRI

噂のネット事件簿


これが粉末・固形を溶かしたもの。この後、キチンと色は絹に移り、ジュースは透明に近付いた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ニコニコ動画の「【着色料】粉末ジュースで布を染めたら予想通りだった大百科」という動画が15万件以上再生される人気動画となっている。コメント数は約6900、マイリスト登録は約2500だ。「料理」のカテゴリーでは1位を獲得したこともあり、13日9時現在は総合4位だ。

この動画はタイトル通り、粉末ジュースを水で溶かし、その中になんとシルク布を入れ染色してしまうというもの。粉末ジュースといえば昭和の時代に駄菓子屋で、1袋10円で購入し、公園の水道水を入れて飲んだ人も多いことだろう。

安くジュースが飲めるということで子どもたちから人気だったのだが、粉末ジュースを粉末ジュースたらしめていたのがその「色」だ。人工着色料によってつけられたカラフルな色の数々が特徴的だった。

それがこのたびの実験動画制作につながったのだろう。今回使用したのは「イチゴ」「メロン」「グレープ」「オレンジ」「パイン」。これらは粉末タイプのもので、さらに固形の「シャンペンサイダー」も使った。

ひとつひとつ溶かしていく様子が動画で展開されると、視聴者は口ぐちに

「なつかしいわー」
「無果汁」
「グレープが一番うまい」
「ストローで吸って食べてたわ」

などと自分の思い出と重ね合わせ、感想を述べていた。そして、動画では様々な発見も見られた。たとえば、念入りに混ぜたものの、溶けきれなかった粒が存在したり、シャンペンサイダーは5分混ぜても溶けなかったり、「メロン」の中には青と黄の粒が入っていることなども明らかになった。

その後、動画のアップ主は白い器にジュースと白いシルクの布を入れ、電子レンジで加熱し、色素を吸着させるため漬け置く。時間を置くと段々と絹に色が移って行く様が分かり、残った水の色はかなり薄くなっている。さらに、自然乾燥をすることで絹に各ジュースの色素を染み込ませていく。

「色むらが出てしまったいちご」「色が渋すぎるブドウ」などと、合わせて6色のカラフルな布片ができたことが報告されている。この実験に対しては「きれいだあ」「きれいきれい」「きれいじゃないかw」など、称賛の声が多数書き込まれた。

大人が童心に返ったこの動画。ほかにもニコニコ動画の実験動画は子どもたちの来年の自由研究の参考になるかもしれないものも多数アップされているので、みてみるのもよいかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト