ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Yahoo!ブックストアが今冬オープン「本命」となるか

2011.10.14 FRI

噂のネット事件簿


「Yahoo!コミック」の累積利用者は現在300万人とされる。将来的には、「Yahoo!ブックストア」と「Yahoo!ショッピング」などのサービスを連携させることも考えているという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Yahoo! JAPANが、今年中にも電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」を開始し、電子書籍市場に参入することがわかった。7日の「CEATEC JAPAN 2011」で明らかにされたもので、現在の「Yahoo!コミックス」をリニューアルし、配信コンテンツを一般書籍や写真集にまで広げる。オープン性を高くするためフォーマットはEPUBを採用し、専用端末は不要で、既存のスマートフォンやタブレット端末、PCなどで自由に読めるようにするという。

ついに大手ポータルサイト・Yahoo! がサービス提供に乗り出したことについて、Twitter上では

「ようやくマトモなのが来た気がする」
「やっとウェブ業界から本格参入か」
「今後の電子書籍だけでなく、コンテンツ配信の核心になる予感をいだかせる動き」
「天下のYahooが本気を出せば案外本命になるやも」

と歓迎する声が多数あがっている。

なおYahoo! JAPANでは、2012年4月には、オンラインストレージサービス「Yahoo!ボックス」を活用した、クラウド型の書庫機能を提供する計画もあるとのこと。「Yahoo!ボックス」とは、「Yahoo!フォト」と「Yahoo!ブリーフケース」を統合したオンラインストレージサービスで、今月オープンしたばかりだ。

これについても、ネットユーザーの中には「電子書籍といえども永続的な蔵書感覚が持てるかがすごく大事。その意味でヤフーという安定的なブランドが乗り出してきたのは良いかも」と期待する声がある。

ますます激化しそうな電子書籍市場だが、Yahoo! JAPANの参入で、これまで電子書籍に二の足を踏んでいた人たちの関心をよんでいることは間違いないといえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト