ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKBアニメの豪華スタッフにアニメファンため息

2011.10.21 FRI

噂のネット事件簿


発表された「総選挙TOP8をモチーフにしたキャラクター」。左から篠田、板野、大島、前田、小嶋、高橋、柏木、渡辺…のはず ※この画像はサイトのスクリーンショットです
17日、AKB48が初めてTVアニメ化されることが発表され、その豪華なスタッフ陣に、アニメファンから嘆息が漏れている。

このアニメは、AKBの総選挙TOP8をモチーフとしたキャラクターが登場するストーリー。主人公のアイドル候補生9人のキャラクターの声優は、AKB48をはじめ、名古屋を中心に活動するSKE48、大阪を中心に活動するNMB48に所属する総勢200人によるオーディションによって争われ、選ばれた9人のメンバーは主題歌も歌うことになっている。

しかし、アニメ好きのネット住民たちが食い付いたのは、「AKB」や「オーディション」というキーワードではなく、同時に発表されたアニメの制作陣。『マクロスシリーズ』や『劇場版アクエリオン』で知られる河森正治が総監督を担当するほか、監督・平池芳正、脚本・岡田麿里、キャラクターデザイン・江端里沙という豪華ラインナップは、アニメファンにとってたまらない布陣だったらしく、彼らからは

「なんて無駄な豪華さw」
「これ勝ったもどうぜんだろw」
「これAKBの肩書き無くても売れるんじゃね」

と、作品の出来を楽しみにする意見が出る一方、

「AKBに声優やらせるのは無謀すぎるんじゃね」
「アニメ業界もいよいよ終わりだな」
「うわー・・・
アニメには来ないでくれよ・・・」
「違うアニメ作れよ…マジで…」

など、AKBという売れ筋商品がアニメ界に乗り込んできたことに不快感を示す意見も登場している。

なお、AKBには声優志望のメンバーもおり、チームAの仲谷明香もその1人。彼女は今回のアニメ化について、

「AKB48がアニメになるって?
それに出演させる声優を、メンバーからオーディションで選抜して決めるって?
そ ん な ば な な
こりゃ負ける訳には行きませんな!
夢が声優の仲谷」

と述べており、彼女のオーディション結果も楽しみだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト