ネット界の“旬”なニュースをお届け!

震災写真保存プロジェクト Yahoo!とGoogleが連携

2011.10.25 TUE

噂のネット事件簿


震災に関する写真を投稿し保存する『東日本大震災写真保存プロジェクト』。投稿された写真は永久に保存されることとなる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
東日本大震災で失われた街並みや震災後の復興の記録を写真で保存するYahoo! JAPANの『東日本大震災写真保存プロジェクト』が20日、外部サイトに投稿された情報を収集できるよう機能拡張をした。

これまでは同サイトに投稿された写真のみが閲覧できていたが、今後はFlickr、Picasa、YouTube、フォト蔵など外部サイト上に投稿された写真・動画、ボランティアや防災に関する記録的価値の高いブログ記事なども『東日本大震災写真保存プロジェクト』にアーカイブ化するという。外部サイトに投稿されたコンテンツの収集は、同プロジェクトの主旨にあった外部サイトの写真や記事をユーザーが紹介する形で行われる。

また、Googleが運営する同様のプロジェクト『未来へのキオク』との連携もスタート。API(アプリケーション・プログラム・インターフェイス。ウェブサービスの機能を外部サイトから呼び出すためのインターフェイス)を相互提供することで、Yahoo!またはGoogleのプロジェクトのサービスに投稿された写真や動画が、自動的に両方のサイト上で閲覧できるようになった。

10月23日の時点で、Yahoo!の『東日本大震災写真保存プロジェクト』には約3万6900点の写真投稿があり、そのうち外部サイトからの投稿はすでに約7900点に及んでいる。震災直後の生々しい被害状況を撮影した写真や、復興に向けて活動する姿を捉えた写真、そして震災前の思い出を写した写真など、東日本大震災に関係する様々な記録が投稿されている。これらの写真は撮影した場所や時間の情報とともに投稿されており、地域や時期ごとに記録を探すことができる。

一方、Googleの『未来へのキオク』には、10月23日の時点で約4万7000点の写真や動画が投稿されている。こちらもまた、地域や時期ごとに写真や動画を検索して閲覧することが可能。

東日本大震災の記録を網羅的に閲覧できるようになったという点で、両サービスが連携した意味は大きい。復興そして防災に関するアーカイブとしても、より一層役立てられることになりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト