ネット界の“旬”なニュースをお届け!

2011年10月28日人類滅亡説に「もう飽きた」

2011.10.31 MON

噂のネット事件簿


2011年10月28日人類滅亡説が導きだされたきっかけとなった一冊『マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!』。この書籍自体は人類滅亡説を唱えるものではない
マヤ文明の暦が2012年の12月で終わっているということから唱えられた「2012年人類滅亡説」。映画や小説で取り上げられたこともあり、ノストラダムスの大予言と双璧をなす終末論として、ポピュラーな存在となっている。

これまでマヤ文明の暦が終わる日付けについては、「2012年の12月21日から23日ごろ」というものが有力とされていたが、ここにきて「2011年10月28日」という説が浮上。27日から28日に日付けが変わる瞬間に、多くのネット住民が“人類滅亡”を楽しむという、奇妙な状況が生まれた。

2ちゃんねるのニュース速報板を見てみると、27日の午後10時すぎに「【速報】あと2時間で地球滅亡『2011年10月28日に人類は滅亡する』」というスレッドが立てられていた。もしも、本当に人類が滅亡するなら、誰もが切羽詰まった状況となっているはずなのだが、スレッドを見ると、

「さっきAmazonからエロゲ発送メールがきたばっかりなんだ
クリアするまでまってくれ」
「何回地球滅亡してるの?
もうこの類のスレは滅びてから立てろ」
「カレー1週間分作っちゃったんだけど」

などと、のんきに過ごすネット住民ばかり。そして、日付けが変わる直前には「あばよ」「じゃあね」などと、別れを告げる書き込みもあったが、実際に人類が滅亡することなく午前0時を迎えると、

「あ、ごめ
世界救っちゃったわ(笑)」
「一回滅亡したけど俺が記憶込みで全部修復しといたわ」

などと、自称“人類の救世主”が何人もスレッドに降臨する事態となっていた。いうまでもないが、完全に「ネタスレ」と化していた人類滅亡スレ。同様のスレッドは過去にも何度か立てられており、

「もう飽きた」
「何度目だよこのスレ」
「あのー、そろそろこのネタ止めないですか
なんか…悲しくなってきたんで…」

などと、完全に飽きてしまったというネット住民も少なくなかった。

ちなみに、ツイッターでは同時間帯に「#人類滅亡らしいからやり残したこと言おう」というハッシュタグがトレンドにあがるなど、こちらも人類滅亡をちょっとしたイベントとして楽しんでいたようだ。

今回の人類滅亡説は幸いなことに空振りに終わったが、こうなると2012年12月21日から23日にかけてが、人類滅亡Xデーの“本命“ということになりそう。その時、ネット住民たちがどんな盛り上がり方をするのか、それもまた気になるところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト