ネット界の“旬”なニュースをお届け!

日本人 スマホ普及率最低でもアプリDL率は世界一

2011.11.01 TUE

噂のネット事件簿


Googleの調査によると、「テレビよりスマートフォンの方が大切だ」と思う人は日本では36%。「テレビよりスマートフォンのほうが面白い」と感じる人は31% ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Googleは、10月27日、「世界のスマートフォン利用に関する大規模調査サイト」(OUR MOBILE PLANET)を公開した。この調査は、同社と世界的な調査会社・IPSOSとモバイルマーケティング協会の共同で、2011年3月から7月の間、世界30カ国、3万人のスマートフォンユーザーを対象に行われたもの。スマートフォンの普及率、利用状況・シーン、使用用途、オンラインコマース(情報収集と購入行動)、広告への反応の5つのカテゴリに分けて調査されている。調査結果はOUR MOBILE PLANETで公開されており、カテゴリから調査項目を選択し、国を選んで結果のグラフを表示させることができる。

日本のスマートフォンユーザーの特徴をみてみると、インストールしているアプリは平均45個で30カ国中最多。毎日4回以上オンライン接続を利用していると回答した割合が68%で、こちらも最多だ。また、スマートフォンで商品を購入した経験のあるユーザーが45%で、米国、英国、ドイツの約2倍だという。

一方、日本のスマートフォン普及率は6%(フィーチャーフォンは除く)で、30カ国中最も低い。ちなみに普及率がもっとも高いのはシンガポールで62%。2位以下は概ね30%前後で、オーストラリア37%、中国都心部・香港35%、スイス34%、アメリカ30%、イギリス30%などとなっている。

アプリのダウンロード率については、1月にディーツー コミュニケーションズが発表していた調査でも、調査時から3カ月以内にアプリをダウンロードした人は86.0%、そのうち有料アプリのダウンロード者も47.6%と高い割合という結果が出ていた。日本では、スマートフォン普及率は低いものの、所有している人たちのアプリ利用・購入率は高いといえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト