ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Yahoo!トピックス登場回数 横浜・中日躍進

2011.11.01 TUE

噂のネット事件簿


サッカージャーナルでは各々の記事の見出しまで書かれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本の二大プロスポーツといえば、プロ野球とJリーグ。プロ野球は優勝チームが決まり、Jリーグもそろそろシーズン終盤を迎え、順位が固まってきた。そんななか、「Yahoo!トピックス」の掲載回数で両リーグの順位を出す動きが出ている。今年もっとも話題になったのは、どの球団・チームなのだろうか。

「サッカージャーナル」というサイトでは、「Jリーグクラブ別ヤフートピックス登場回数ランキング」がまとめられている。これは、2ちゃんねるの「球団別ヤフートピックス登場回数ランキング」にインスパイアされたものだといい、Jリーグの場合は以下のようになっている。(以下、カッコ内は回数。順位は31日現在)

1位:浦和レッズ(28):J1ランキング15位
2位:鹿島アントラーズ(25):J1ランキング6位
3位:セレッソ大阪/ベガルタ仙台(19):J1ランキング9位

単純に強いチームが、多く掲載されるわけではないようだ。1位の浦和レッズについては、今季は例年より不調なためか、「浦和9戦勝ちなしに怒号やヤジ」(6月19日)、「横浜M逆転勝ち 浦和初の連勝」(7月31日)、「浦和前監督が涙『FW補強を』」(10月23日)など、その勝ち負けに注目が集まっていることがうかがえる。鹿島アントラーズについては、震災後の3月29日に「J選抜小笠原『避難所にTVを』」という記事が取り上げられたほか、4月23日に「小笠原『東北人魂』スパイク」など、東北出身の小笠原満男選手にフォーカスしたトピックが特徴的だ。セレッソ大阪は乾の移籍にまつわる話題が多く取り上げられ、ベガルタ仙台は、「仙台FWマルキ 震災影響で退団」「J1仙台 逆転勝利で勇気届けた」「J1仙台無敗『復興の光に』」など、震災影響と被災地への応援メッセージを込めた話題が続いた。

一方、プロ野球の場合、2ちゃんねるで10月3日分までまとめられたが、その後中日ドラゴンズの逆転優勝や落合監督の退任発表、横浜の球団買収など、様々なトピックがあったためいくつかの球団が急激に登場回数を伸ばしている。10月4日~30日分の加算分(+以下の数字)と合わせて下記にご紹介しよう。

1位:巨人:141+18→159(セ・リーグ3位)
2位:日本ハム:93+15→108(パ・リーグ2位)
3位:阪神:83+18→101(セ・リーグ4位)

巨人は、10月になってから表面化した横浜ベイスターズの球団売却について渡邉会長がたびたび発言しているほか、澤村拓一と日本テレビの森麻季アナウンサーの交際も話題に。2位の日本ハムは、斎藤佑樹とダルビッシュ有の一挙手一投足に注目が集まる。3位の阪神は、順位は振るわないものの、2ちゃんねるでスレッドを立てた人物は、巨人戦で逆転勝ち、サヨナラ勝ち、接戦勝ちなど劇的な勝利をおさめるケースが多く、それがヤフートピックスで取り上げられる回数を押し上げた原因との分析もある。

また、3位以内には入らなかったものの、4日以降大幅に登場回数を上げたのは5位の中日(38+23→61)と7位の横浜(27+24→51)。中日は大逆転優勝したことや落合監督退任で注目され、横浜は球団売却の件で注目されたためだ。

今後は日本シリーズ関係や有力選手の移籍などで再び増減があるものと思われる。となれば、ダルビッシュや青木のメジャー移籍が噂される日本ハム・ヤクルトの増加があるかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト