ネット界の“旬”なニュースをお届け!

テレビ局のYouTubeチャンネル どこが観られている?

2011.11.07 MON

噂のネット事件簿


11月1日に開設された日本テレビのYouTube公式チャンネル『日テレChannel』。ドラマ『家政婦のミタ』、バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』などの予告編が主にアップされている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月1日、日本テレビがYouTubeに公式チャンネル「日テレChannel」を開設した。TBS、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビはすでに公式チャンネルを開設しており、今回の日テレの公式チャンネル開設で、在京民放キー局すべての公式チャンネルがYouTubeに出そろったこととなる。

5つのキー局のうち、もっとも早くYouTubeに公式チャンネルを開設したのは、テレビ東京で、2005年12月のことだった。その後、2006年4月のフジテレビが、2006年7月にテレビ朝日が公式チャンネルを開設している。また、TBSはニュースに特化したチャンネル「TBS News-i」を2009年9月に開設し、テレビ朝日もニュース専門チャンネル「ANNnewsCH」をほぼ同時期にスタートさせている。

11月3日時点での公開動画本数は、テレビ東京が822本、テレビ朝日が380本、フジテレビはグンと減って57本。各局でアップする頻度に違いがあり、動画を公開する期間も異なるため、公開中の本数に大きな差があるようだ。ちなみに、ニュース専門「TBS News-i」は320本、テレビ朝日の「ANNnewsCH」は6320本を公開中。「ANNnewsCH」の公開本数がずば抜けて多いのは、過去のアーカイブ動画を基本的に削除していないからだと思われる(TBS News-iは約1週間分の動画のみを公開している)。

次に11月3日でのチャンネル内での累計動画再生回数を見てみると、テレビ東京が約3700万回、テレビ朝日が約1000万回となっている(フジテレビは非公開)。また、毎日40~50本程度アップしているニュース専門チャンネルとなると再生回数も多く、テレ朝「ANNnewsCH」は約9600万回、「TBS News-i」は約5600万回となっている。

ちなみに、NHKも2007年7月からYouTubeに公式チャンネルを開設しており、現在546本の動画を観ることができる。基本的にニュース映像はアップされておらず、番組の予告やワンセグ放送のダイジェストなどが多い。

各局それぞれ異なる特徴をもつYouTubeの公式チャンネルだが、単純に再生回数を見れば、ニュースに特化したチャンネルがネットで多く観られているということになるだろう。ネット上でテレビ局に求められるものは、ニュースだということなのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト