ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『まどか☆マギカ』劇場版の噂騒動 結論は?

2011.11.10 THU

噂のネット事件簿


「劇場版が出るかもしれない」という不確定情報で、大騒動となるほど人気 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
先月発表された「アニメアワード2011」では作品賞、監督賞をはじめ、12部門を受賞した人気アニメ『まどか☆マギカ』。7日、「その劇場版が出る!」との噂がネット上を席巻し、一時はツイッターのトレンドワードにも浮上した。

この噂のネタ元は、アニメ雑誌『月刊ニュータイプ』12月号と思われる表紙画像。同アニメの特集が組まれているような見出しに、「祝!アニメアワード12部門受賞、そして劇場プロジェクト始動!!」とのコピーが付いている。

「これは…!?」
「本当かな?
本当だったらいいんだけど」
「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」
「(つд⊂)ゴシゴシ」
「ちょwマジかいこれ!みんな解析頼む!今すぐ見ろ!」

と興味をそそられながらも、あまりにも驚いて信じられない人も多く、画像がコラージュなのではないかという話題でもちきりになった。そんななか、12月号の表紙は同アニメのキャラクターではないことや、“解析班”の登場によりコラージュ画像である可能性が判明。騒いでいたファンたちの間では「釣り」ということが暫定的な結論となっている。また、別のスレッドでは「実際にニュータイプを買いに行った」という人たちが続々と出現。しかし同誌の本来の発売は10日であり、ファンたちは、

「この生殺し感含めて楽しんでる」
「いったいどっちなんだぜ!?まあ気長に待つさ」

と事実かどうかの最終確認を待つ時間を楽しんでいるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト