ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネスレがリサイクルサイトをオープンし早くも盛況

2011.11.15 TUE

噂のネット事件簿


9日からスタートしたリサイクルサイト「ネスレゆずりば」。今のところ、おゆずり品の出品は関西からのものが多い。関西人の「もったいない精神」の現れか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネスレ社は、「Good Food、Good Life」をスローガンに、動画配信やオリジナルゲーム、レシピ紹介などを行う『ネスレアミューズ』というサイトを運営している。そのサイト内に11月9日、不用品を融通するゆずりあいマーケット『ネスレゆずりば』がオープン。さっそくゆずりあいの輪が広がっている。

この『ネスレゆずりば』は、「暮らしのなかで眠っていた品を、本当に必要な人に」というコンセプトから始まったサービス。“ゆずりば”というネーミングは、春、枝先に若葉が芽ばえた後、古い葉が存在をゆずるかのように落葉する「譲葉(ゆずりは)」から名付けられた。

利用希望者は、ネスレ会員の登録+Facebookのアカウントが必要となり、登録後は“おゆずり品”を登録したり、欲しいおゆずり品に立候補したりすることができるようになる。おゆずり品の登録は、送料以外は無料が原則となっており、誰にゆずり渡すかの決定や、ゆずり渡しの方法などはすべてユーザーに委ねられている。

1日のスタート以来、「おゆずり品」としてすでに「FCバルセロナ ユニフォーム」「PlayStation2」「SONY ホームシアターシステム」「Wii」などが出品されており、なかでも「Wii」には80人(11月14日14時現在)もの立候補者が殺到している。ツイッター上にも、

「売るんじゃなくて、譲る。昔はご近所とかでもよくあったね~」
「オークションより穏やかだ」
「これは良いサービス」

と、サービスを評価するつぶやきが多く、まずは順調なスタートを切ったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト