ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ウィキペディアの寄付バナーに不満の声多数?

2011.11.30 WED

噂のネット事件簿


ウィキペディアで表示される寄付を求めるバナー。ネット上では「綺麗どころの女のスタッフにお願いさせろよ」との意見も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネット上のフリー百科事典として幅広い層に定着したウィキペディア。様々な調べ物に重宝しているというネット住民も多いだろうが、そんなウィキペディアに最近、寄付を求めるバナーが表示されるようになり、ネット上で物議を醸している。

バナーは数種類存在しており、ウィキペディア財団のジミー・ウェールズ名誉理事長の写真とともに「これをご覧の皆様全員から¥1000ずつ寄付していただければこの募金は今日にも終わります」や「ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからのお願いをお読みください」といったメッセージが書かれているもののほか、ウィキペディアのプログラマであるブランドン・ハリス氏の写真が使われているものもある。

中立的な立場を保つため、広告を一切掲載せずに、寄付によって運営するという方針のウィキペディア。2ちゃんねるの関連スレッドでは、寄付を求めるバナーついて、

「寄付した人だけ記事書けるようにすればいいんじゃね」
「いくら募金を募ったって恒久的な収入がないと根本的な解決にならないんじゃないのか」
「正直オッサンの顔うざいから広告入れてくれたほうがマシなんだが」
「自分の知識が大体合ってるか確認するのにいつも利用させてもらってるが金出すの面倒くさい」
「広告収入で運営しないからこそ意義がある」

など、様々な意見が飛び交っているが、寄付に積極的なネット住民は少数派のようだった。

ちなみに、このバナーの写真をアニメ『けいおん!』の中野梓の画像に変換するというスクリプトも登場している。これは個人ブログ「メカトロニック・ブログ」で公開されたもので、このスクリプトをブラウザの機能拡張としてインストールすると、ジミー・ウェールズ氏の代わりに中野梓の画像が表示されるという。さらにスクリプトに手を加えることで、メッセージを変更したり、任意の画像を表示させたりすることも可能だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト