ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネットで買える!? 10億円テーマパーク販売中

2011.11.30 WED

噂のネット事件簿


税込み価格10億2900万円で売られているテーマパーク「川内戦国村」。「送料別」「残りあと1個」とのこと ※この画像はサイトのスクリーンショットです
本やCD、洋服、電化製品などはもちろん、最近では食料品の購入にも利用されるネット通販だが、とあるテーマパークが丸ごとネット通販に出品され、話題となっている。

ネットで販売されているのは鹿児島県川内市にある「川内戦国村」という戦国時代をモチーフにしたテーマパーク。場内には天守閣、日本庭園、薩摩武家屋敷、西郷記念館などを有し、アスレチックも常設されている。気になる価格は税込みで10億2900万円と、かなり非現実的(?)な価格だ。

川内戦国村は、撮影用の甲冑などの製作・貸し出しをする丸武産業が管理しており、楽天市場にある同社の通販ページにて販売されている。商品ページには「館長が研修行ってる隙にスタッフとして思い切って戦国村ごと売りに出して見ました……」「一応、大将(社長)には報告してますが、大殿に見られたら首落とされそうです(爆)」と書かれている。

本気で売りたいのか、はたまた冗談なのか、いまひとつ分からない川内戦国村だが、ツイッターでの反応を見ると、

「送料別って…送る気あんのかな? 10億円こえてるんだから送料サービスしてもよくない?ww」
「川内戦国村、本気で買う猛者が現れたら、どうするんだろwww」
「何か知らんが楽天で川内戦国村が売りに出されてる…。謀反か…っ!?」

といった様子で、ひとつの“ネタ”として楽まれているようだ。

ちなみに、楽天市場の丸武産業のページに掲載されている売れ筋ランキング(10月31日~11月5日)での第1位は、「織田信長 当世具足写し 大将鎧装束太刀一式(レンタル)」でその価格は税込みで8万4000円(2泊3日のレンタル価格)。戦国村を買うのは無理でも、甲冑をレンタルして大名気分を味わうことなら、どうにかできそうな価格だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト