ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイッターフォロワー販売会社好調

2011.12.02 FRI

噂のネット事件簿


フォロワー付きアカウントを販売しているサイト。「フォロワー数は増やせば増やすほど効果があり、圧倒的な量は、質や属性を凌駕します」とは、一種の自己暗示か ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ツイッターを利用していると、どうしても気になってしまうのが「フォロワー数」という項目だが、ネット上に、そのフォロワー数を売ってしまおうという会社が登場。ツイッター上で物議を醸している。

この会社は、「ツイッターで成功するための最短パスを手に入れてみませんか?(中略)さあ、あなたも今すぐ数万人のフォロワーを手に入れましょう!」というキャッチコピーのもと、フォロワー付きのアカウントを販売。販売価格は、7万フォロワー=14万円、10万フォロワー=20万円、12万フォロワー=24万円etc…1フォロワー2円に設定されており、すでに7万、8万、9万、10万フォロワーのパックは売り切れとなっている(12月1日10時現在)。

物議を醸している背景にあるのは、ツイッター規約の存在。同規約では、禁止事項として「売買目的でアカウントを作成する」「過剰に他者をフォローしてフォロワーを沢山作る方策を通し、フォロワーを『売る』行為を企てた場合」といった一文が盛り込まれており、利用規約に違反すると判断された場合は、事前告知なしにアカウントは停止されてしまう。

しかし同サービスの提供会社は、「増やす過程で問題があったら(編集部註:アカウントが)凍結されますが、増やした後の売買なので大丈夫」と、「問題はない」との見解を示しており、そういった批判はあらかじめ織り込み済み。ツイッターユーザーからは、

「買う人がまじでかわいそう。友達いないんかね」
「あまりにも短絡的すぎるビジネス」
「いつか出てくると思ったけどホントしょうもないな」

と、批判的なツイートが殺到しており、ツイッター社の対応に注目が集まっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト