ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ポポポポ~ン」金賞に違和感?

2011.12.05 MON

噂のネット事件簿


掲示板などに加え、「#edano_nero(枝野、寝ろ)」「ダァシエリイェス!!」など、ツイッター上で流行したことばもランクインした ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネット流行語大賞実行委員会は、1日、今年インターネット上で盛んに使われた言葉を選ぶ「ネット流行語大賞2011」を発表。同委員会に参加するポータル・動画・ニュースサイトなど10サイトで11月18~24日にかけてアンケートが行われ、計15万3516人の投票により決定した。

金賞は「ポポポポ~ン」。震災直後に多く流れたACジャパンの公共広告「あいさつの魔法。」の歌詞だ。銀賞は「なでしこJAPAN」、銅賞は「僕と契約して、○○になってよ!」。銅賞のセリフは、今年人気となったアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場するキャラクターのセリフである。

4位以下には「ヤシマ作戦」(5位)、「#edano_nero」(7位)と震災関連のワードが2つランクイン。「ヤシマ作戦」は節電をよびかけるもので、そもそもはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する作戦名。 攻撃兵器に必要な電力を集めるために日本中を停電状態にする作戦名から、震災後の節電をよびかける際に使用され、広まった。「#edano_nero」は、連日記者会見に登場した枝野幸男官房長官(当時)に向けられたハッシュダグだ。3位以下の一覧は以下のとおり。

4位 マル・マル・モリ・モリ
5位 ヤシマ作戦
6位 いいね!
7位 #edano_nero(枝野、寝ろ)
8位 ダァシエリイェス!!(京浜急行電鉄のアナウンス「ドアが閉まります」の発音を真似した言葉)
9位 ブヒる(そもそもは「萌えオタ」が「萌え豚」と呼ばれるようになったことが起因という説がある。「豚」は「ブヒー」と鳴くことから、オタクたちが「萌え~」と言っている様子を「ブヒる」と表現しているもの)
10位 アナロ熊(地デジカに対抗して、アナログの熊キャラクターがネット上で作られた)
10位 スカスカおせち
10位 まんべくん

これについて、「流行」した場であるネット上ではどう受け止めたかというと、「ポポポポ~ン」については、納得したという声もあるものの、「ポポポポ~ンはあの時のやばい感じを思い出す いい気はしない」「よく金賞なんかに出来るな」(2ちゃんねる)、「被災地民としてはあんま笑えないんだがね」(ツイッター)と、“受賞”に違和感を抱くという声が多数。その他「銅賞のやつは知らん どこで流行ってたんだ?」「知らんのばっかりだ」など、それぞれが見ているネットコミュニティによって、知っているかどうかが大きく分かれるようである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト