ネット界の“旬”なニュースをお届け!

北島三郎とのセッション動画大会

2011.12.06 TUE

噂のネット事件簿


北島三郎のボーカルに合わせてパフォーマンスをする動画を投稿する「Sabu Session」。サイト上で北島三郎をボーカルとして、バーチャルなバンド体験ができる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
NHK札幌放送局のウェブサイトで、歌手の北島三郎のボーカルに合わせて自由にパフォーマンスした動画を投稿するコンテスト「Sabu Session」シーズン2が実施されている。

「Sabu Session」シーズン2は、今年デビュー50周年を迎えた北海道知内町出身の“さぶちゃん”こと北島三郎が、ネットユーザーとともに北海道を盛り上げるべく企画されたコンテスト。サイトに用意された北島三郎が歌う『まつり』のアカペラ動画に合わせて、自由に楽器を演奏したり、何かのパフォーマンスをしたりして、その様子を動画に収めて投稿するというものだ。投稿された動画のうち選考を通過したものが、サイトで公開されている。さらに、すでに公開されている動画に、別の投稿者が新しいパフォーマンスを追加することも可能で、北島三郎のボーカルに、最大3つの動画がセッションしている様子をみることができる。

動画投稿の締切りは12月10日。グランプリは、12月31日午前0時5分(30日深夜)にNHK総合で放送される特別番組内で北島本人が決定するとのこと。ちなみに『函館の女』を課題曲に行われたシーズン1でも、同様に番組内でグランプリが決まったが、北島が選んだのはクラシック風のピアノ演奏を合わせたシンプルな動画だった。

現在シーズン2のサイト上では、19の投稿動画が公開されており、ギターやドラム、ピアノといった楽器を演奏するものから、スマートフォンのアプリを演奏するもの、さらには文字を書くパフォーマンスをするものなど、多種多様なセッションが行われている。ちなみに、11月の動画再生ランキングではドラムの演奏を合わせた動画が1位となっているが、シーズン1では北島の感性でグランプリが選ばれたので、必ずしもサイト上での人気が結果につながるわけではないと思われる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト