ネット界の“旬”なニュースをお届け!

けいおん映画の半券が高値で売買

2011.12.08 THU

噂のネット事件簿


封切り2日間で約24万人を動員した『映画けいおん!』。1位はこちらもアニメが原作の『映画 怪物くん』だった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
大ヒットアニメ『けいおん!』の劇場版『映画 けいおん!』が12月3日に封切られ、3日~4日のランキングでは、スピルバーグ監督の『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』を上回る興行成績を記録した。現在、同映画では半券でグッズがもらえるキャンペーンが行われており、ファンたちの間では半券を巡って狂騒が繰り広げられている。

このキャンペーンは、劇場で配布しているシートに映画の半券を3枚貼るたびに、映画のメモリアルフィルムがもらえるというもの。「フィルムはランダム配布」「数量は限定」「何種類あるかは不明」といった条件がマニア心をくすぐり、ファンたちがこぞって映画の半券を集めまくっている。

「NAVERまとめ」には「映画『けいおん!』のためにツワモノ達がとった恐るべき行動」というスレッドが立てられ、

「地元の映画館到着。徹夜組いるんですけど・・・」
「前売り券177枚持ってきて 部屋一つ貸切状態にしたツワモノがいるらしい」
「映画館のゴミ箱に半券あると思ってあさっていたらガチで半券クソあったんだけれどももらっていいんだよな?」(一部抜粋)

といった報告が登場。また、ヤフオクには映画の半券が次々と出品されており、鑑賞後の映画の半券が600~1000円前後で着々と落札されている。

ネット上では現在、ファンたちが戦利品のフィルムや買い占めた映画のチケットの束などの画像を次々とアップし、盛り上がりが止む気配はない。メモリアルフィルムの配布期間は来年まで続くため、スピルバーグ映画を破った勢いは当分続きそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト