ネット界の“旬”なニュースをお届け!

震災後ネットで話題となったCMがACC受賞

2011.12.13 TUE

噂のネット事件簿


高田鳥場氏の喜びのツイート ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8日、ACC(全日本シーエム放送連盟)は「2011 51st ACC CM FESTIVAL」の受賞作品を発表。テレビCM部門のグランプリは「九州新幹線全線開業」で、ゴールド賞が9作品選出された。選出されたもののなかには、エステーの「消臭力」、サントリー「見上げてごらん夜の星を」など震災関連で話題となったものも多いことが今年の特徴だ。なかでも「九州新幹線」「エステー」のCMは、ネットなくしては語れない。

九州新幹線は、全線開業にあたり、鹿児島から博多までの沿線各地で喜ぶ住民の姿を撮影したテレビCM。こちらは震災前に制作されていたものの、東日本大震災の発生を受けてテレビでの放送は一時自粛。しかしネット上で公開されると、人々をつなぐCMが話題になり、またたく間にYouTubeで数百万回以上も再生されるなど人気となった。

一方、エステー・消臭力のCMは、震災後に作られたもの。ゴールドを受賞したのは「消臭力 歌う男の子篇 ミゲル15秒」と「消臭力『夢の競演』篇 60秒」で、「歌う男の子篇 ミゲル」は、ポルトガルの少年・ミゲルが「ラーラーララーラララララララー」と歌いあげるCM。ミゲルの歌のうまさはもちろん、ポルトガルが過去の震災から復興した地と知って関心を寄せた人も多かった。

「『夢の競演』篇」はT.M.Revolution 西川貴教がこの曲をコピーしたことをツイートしたことから、ツイッターを中心に“プロジェクト”が始動したものだ。エステー特命宣伝部長・高田鳥場氏がツイッター上で西川や西川のファンたちとコミュニケーションをとっていくなかで、西川のライブにミゲルがサプライズで登場する形で「競演」が実現した。

同CMの受賞のゴールド獲得に、高田鳥場氏はツイッター上で「ACC CM Festival 消臭力CMがGOLD獲得!みんなでつくったCMが歴史にきざまれました!みなさん!西川さん!おめでとう!」とツイート。すると、西川ファン、エステーファンからお祝いコメントが殺到。西川からも「こちらこそ、出会いからの想いが、こうやって繋がって、感無量です!最高のクリスマスプレゼントっす!(*‘∀`*)キャッ」というメッセージが寄せられた。

なお、ミゲル君のCMは12日からも新バージョンが放送されている。今度は「“頑張らなくてもいいよ”篇“泣きたいときは泣けばいい”篇」で、まだまだその歌声を届けてくれている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト