ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Google+ AKBが上位独占

2011.12.13 TUE

噂のネット事件簿


Google+、上位はAKBが独占中 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
AKB48が12月8日からGoogle+を使って情報発信をするようになってから4日目、Google+のフォロワー数(サークルに追加されている数)ランキング上位はAKBメンバーの独占状態となっている。

元々Google+では、一般人やIT業界における有名人が上位に入っていたが、AKB参入により、このランキングが大幅に変更される形となった。フォロワー数が分かるサイト「Google+ Page ランキング G+Navi」を見てみると、12日9時26分現在、1位は大島優子の4万9224人、2位は前田敦子で4万8352人、3位は篠田麻里子で4万6948人だ。

もともと、日本の1位は、早稲田大学の学生・坂口綾優さんだったが、9月下旬から守っていた1位の座をこのたび大島優子に明け渡した。坂口さんはライフレシピサイト・nanapiで先月「普通の女子大生がなぜ、Google+で『日本一』になったのか」という記事で紹介され、話題となっていた。

12日9時26分現在、トップ20のうち、AKB以外は3名。前述の坂口さんは現在8位(3万8661人)、編集者のTakahiro Yamamoto(3万2884人)が14位、「つあど」などを運営する朝山貴生さん(2万6741人)が19位となっている。

AKB48登場以前は坂口さんに次ぐ人気であり、現在も、先のランキングで男性としては一番のフォロワー数を誇るYamamotoさんは、ツイッターで「せっかくのGoogle+ランキングページが、変な人気投票のページみたいになった。残念」「AKBにかまされる前に、もっと自慢しとけばよかったー(笑)」などとこの事態について感想を述べている。

AKB48・SKE48・NMB48が合計260人登録したというGoogle+。今後、著名人の参入が続く可能性があり、Google+の雰囲気が変わっていくかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト