ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKBアニメ ストーリーがヤバすぎ

2011.12.16 FRI

噂のネット事件簿


テレビアニメ『AKB0048』の原作・総監督は『マクロスシリーズ』や『創聖のアクエリオン』を手がけた河森正治。また、声優選抜に選ばれたメンバーで主題歌も担当する予定 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
秋元康が企画・監修するAKB48をモチーフにしたテレビアニメ『AKB0048』の声優公開オーディションが12月13日に行われ、AKB48ファミリーのメンバーの中から渡辺麻友(17歳)、佐藤亜美菜(21歳)ら9人が声優選抜に選ばれた。ネット上では、この9人に関する話題もさることながら、同時に発表されたアニメのあらすじが、かなり“ブッ飛んでいる”ということで注目を浴びている。

公式サイト上で公開されているストーリーを、以下に抜粋してみる。

「芸能禁止の時代、危険を顧みず、ゲリラライブを送り届けるアイドル達がいた。
そう、彼女達の名は『AKB0048』。
地球滅亡直前まで、伝説のアイドルとして輝き続けた『AKB48』。
その名を襲名するという形で受け継いだ超銀河アイドルチームの物語」

「21世紀初頭、惑星間航行技術を巡って世界大戦が勃発。人類自らが生態系に大きなダメージを与え、地球外への脱出をよぎなくされた。
宇宙へ生活の場を移した人類の新たな歴史、それは『星暦00年』をもってスタートする。
間もなくして、超銀河連合(仮)の支配・統制により、“芸能”や“歌”が“人のココロを乱すモノ”として規制される“芸能禁止法”が成立。
一部の地域(芸能絶対防衛圏)を除いては、芸能活動は厳しく罰せられる事となった。
アイドルが次々に姿を消していく…
人類のココロは暗い闇に包まれていくのだった――」

かい摘まんでしまうと、宇宙で人類が暮らす近未来、芸能が禁止された社会に「AKB0048」なるアイドルが復活する、というあらすじ。かなり現実離れした設定といえそうだが、これについて2ちゃんねるでは、

「アホみたいなブッ飛んだ設定、こういうの好きだわ」
「ネタアニメとしてはおもしろそうだなw」

などと、興味を惹かれるネット住民が続出。さらに、ツイッターでも、

「ここまでぶっ飛んだ設定なら、ちょっと見てみたくなるよね。面白さにAKBがどうのこうのは関係ないしな」
「AKBだから好き勝手したって数字稼げるに違いないって魂胆でフリーダムな作品になるなら是非見てみたい感じ」

などと、AKBのファンではないと思われるユーザーの間でも話題となっているようだ。

テレビアニメ『AKB0048』は、2012年春放送開始で、放送局は未定。アニメ作品の原案をもとにコミック化も予定されている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト