ネット界の“旬”なニュースをお届け!

異色アイドルがラッパーにDIS?

2011.12.22 THU

噂のネット事件簿


謎の女性ラッパー・DiSによるRAU DEFディス曲。「BEEF」とは、ヒップホップの世界で使われるスラングで、「トラブル、もめごと」の意味。互いに「DIS」り合っている状態のことだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
DiSと名乗る2人組女性ラッパーが、男性若手ラッパーのRAU DEFを非難する、つまり“ディスる”内容のラップをYouTubeで公開し、話題となっている。

「【ナンダコーレ】DEAR BEEF  出演:DiS」とタイトルが付けられたこの動画は、スペースシャワーTVの『ナンダコーレ』という番組で制作されたもの。この番組は「ナンダコレ??」と思うような3分間の動画の企画を募集して制作し、その動画をスペースシャワーTVで放映するというものだ。

DiSが名指しでディスったRAU DEFは、2011年5月にラッパーのZeebraをディスる曲を公開し話題になったラッパー。つまり、攻撃をしかけていた側のRAU DEFが、今回DiSの標的にされたというわけだ。ちなみに、ディスられたZeebraはすぐさまアンサーソングを発表、さらにRAU DEFがアンサーソングを発表して、事態は収束した。

DiSが問題の動画をアップしたのは12月4日のこと。そこから12日ほど経った16日にRAU DEFはアンサーソング『Put It In Your Mouth』を発表すると、すぐさまDiSは『GAKKARI BEEF』というアンサーソングで対抗。その後、両者に動きはなく、ひとまずディス合戦は収束したようだ。

ここでやはり気になるのが、DiSの正体が一体何者なのかということだが、明言こそしていないがアイドルグループ・BiSのメンバーだといわれている。

BiSといえば、全裸で森を駆け巡るPVを発表したり、ももいろクローバーZのキャンペーン会場を奇襲しゲリラライブを行ったりと、アイドルらしからぬ大胆な活動で知られるグループだ。BiSの中心人物であるプー・ルイは、音楽ニュースサイト「ホットエキスプレス・ミュージックマガジン」のインタビューで、DiSについてたずねられると「嫌ですよね、あの人たち! 腹立たしい(中略)『何? 人違いだけど』って言いたいけど、言えないみたいな。DiS、何者なんですかね?」と否定。しかし、問題の動画には「プー・ルイちゃんがより可愛く見える」とのコメントも寄せられており「DiS=BiS」と考えているネット住民が多いようだ。

そんなBiSだが、12月20日に恵比寿リキッドルームで行われたワンマンライブで、メンバーのナカヤマユキコが2011年12月31日をもってグループを卒業すると発表した。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト