ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「2012年人類滅亡」に期待の声

2012.01.11 WED

噂のネット事件簿


スウェーデン人学者・カール・コールマン氏が著した『マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!』。この本がきっかけとなり、昨年10月にも人類滅亡説が話題に ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2012年もまだ始まったばかりだが、「2012年に人類が滅亡する」という説があるのをご存じだろうか? ネット上では、マヤ文明が生み出した“マヤ暦”を根拠とした、「2012年12月23日前後に人類は滅亡する」という説が、話題となっている。

この人類滅亡説は、かつて中米に存在したマヤ文明が使用したマヤ暦に基づくもの。マヤ暦は、およそ5125年を1つの周期として考える暦を採用しており、それによると2012年は、その1つの周期が終わる年にあたるという。具体的な日程は、「2012年12月21日」「2012年12月23日」と諸説あり、なかには、スウェーデン人学者が主張した「2011年10月28日」という既に過去のものとなった日程を主張していた節もあった。。しかし、その日を境に何かが変化したのか…それは当の学者のみが知るところだろう。

新年に入ると、この「2012年人類滅亡説」を、『週プレNEWS』や『ねとらぼ』などが相次いで取り上げ、その記事が2ちゃんねるやツイッターなどでも大いに話題になった。しかしネット住民の反応を見てみると、その大半は

「確かノストロダムスもそんな事言ってたよなぁ」(原文ママ)
「滅亡ネタは儲かるからな」
「予言するのは自由だけど、外れたら責任を取らされることが必要」

と、極めて冷ややかで、なかには

「ノストラダムスで会社辞めてから長かった
ようやく終わりか…今度こそちゃんと終われよ」
「終わるの待ってるんだから早くしろ」
「よかった
もうクリスマスなんて無いんや」

と、人類滅亡を“歓迎”する声も。ただ、これだけ多くのネット住民がこのネタに食い付いたところを見る限り、今年の12月21~23日には、ネット上で「人類滅亡ネタ」が大いに話題となることだけは間違いないだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト