ネット界の“旬”なニュースをお届け!

佐藤市長の成人式AKBライブが話題

2012.01.10 TUE

噂のネット事件簿


佐藤市長のAKB48「フライングゲット」は10日11時現在、3万9000回を超える再生回数 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
昨日9日は成人の日。AKB48ら、20歳を迎えたアイドルたちの華やかな振袖姿が多数のメディアで報じられるなか、ツイッターやブログで「20歳の決意」を発信した“新成人”タレントも多い。

AKB48の増田有華は、ツイッターで「たくさんの方々に支えられてることを実感しました」と、改めて周囲のサポートを思いやる姿勢をみせ、ボクサーの亀田和毅は「これからは1人の社会人として生きていかなきゃいけないんだと強く感じます」とツイート。それぞれが気持ちも新たに大人として生きていくことを自分の言葉で表した。

ネットでは、早速芸能人たちの着物姿やブログ、ツイッターでのコメントをまとめたページが登場、さらに各地での成人式の様子も報告されている。そのなかで、今年話題をさらったのは、熊本・阿蘇市で行われた成人式だ。佐藤義興市長が、福山雅治の「家族になろうよ」と、AKB48の「フライングゲット」の2曲を熱唱。無伴奏のなかAKB48をノリノリで、福山を拳を固めて歌い終わると、応援団長よろしく若者にエールを送り、さらに勢いあまって舞台から飛び降りるなど熱いパフォーマンスを繰り広げたのである。

動画では、出席している新成人たちからの笑い声と拍手を聞くことができるが、この熱い「ライブ」は、ネットにより同市以外の人たちにも広く知られることに。そこでは、

「ひどい」
「せめて曲用意してダンスだけにしろ」
「『こんな大人にならないように』という反面教師か」

という声もあるが、

「7年間歌い続けてるって事は再選もされてるんだから市民は支持してるんだろ」
「市長の退屈な挨拶を延々と聞かされて、新成人たちが居眠りしたり
雑談してる成人式よりはマシ」
「愛すべき市長やんw」
「自分なりに新成人を祝ってていいじゃないか」

という声も。成人式では毎年大騒ぎをする若者が報じられることから、「先に馬鹿やっておとなしくさせる手腕は相当な切れ者だね」というコメントもあった。

なお、成人式で暴れる若者については、医師の木下博勝氏はブログで「(毎年那覇の成人式が注目されてしまうが)実際に、彼らは一般人には絡んだり、道を通りにくくしたり、そんな行動はとっていない」「多分全国的に報道されているのは、最も揉めてる様子だけ」と報告。国会議員の三原じゅん子氏も「大騒ぎして報道することが、彼らの何かを刺激しているのでは」と、報道のあり方に対して意見を述べている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト