ネット界の“旬”なニュースをお届け!

初音ミク 今度は等身大3Dで自室に“召喚”

2012.01.12 THU

噂のネット事件簿


等身大に投影された姿を見ると、そのクオリティの高さがわかる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネットで人気となり、最近はGoogle ChromeのCMにも起用されている「初音ミク」。その初音ミクを、自宅のリビングに等身大3Dで投影することに成功したという“猛者”がいたことがネットで話題になっている。

同動画は7日に公開されて以来、11日9時現在で2万回近く再生されるなど人気である。投稿したユーザーは海外の人物と思われ、投影システムのテストだとしているが、見た人たちは「素晴らしい!」などと絶賛。

日本の大手掲示板・2ちゃんねるでも、

「存在感凄いな」
「ずいぶんクオリティ高いな」

と感嘆する声があがったほか、

「我が家にもミクさん召喚したいわあ」
「マジ等身大天使。。。」

と羨ましがる人も続出。

これまでにも初音ミクについては、愛するあまりに等身大フィギュアを作成するファンが存在していたが、3Dで“投影”というのが今風のポイントだろうか。YouTubeやニコニコ動画には、昨年ごろから、プロジェクターとスクリーンを使用し、3D映像により初音ミクを「召喚」してみたという人たちが登場しているが、今回ついに等身大の初音ミクが登場した。どんどんクオリティが高くなる3D映像を見たネットユーザーのなかには

「ミクさんの魅力は、音楽もさることながら
技術でもワクワクできるところ」

とコメントする人も。2012年も、初音ミクの“進化”はまだまだとどまるところを知らないようである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト