ネット界の“旬”なニュースをお届け!

マクロスフェスで転売席が晒し者

2012.01.13 FRI

噂のネット事件簿


チケットの転売が確認された座席に貼られた張り紙。「このような座席をなくしていけるよう 皆様のご理解・ご協力をおねがいいたします」とのメッセージが書かれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1月8日にパシフィコ横浜国立大ホールにて行われた、アニメ『マクロスF』のイベント「マクロス フロンティア ハッピー娘(ニャン)イヤー フェスティバル in パシフィコ横浜『娘(ニャン)フェス』~こんなステージ、もうないんだからね。~」(以下、娘フェス)にて、チケットの転売があった座席を封鎖する処置がなされ、ネット上で話題となっている。

娘フェスの公式サイトを見ると、チケットの転売、あるいは転売を目的としたネットオークションへの出品を禁止する旨が明記されている。さらに、「チケットの転売者はもちろん、ネットオークションにてご購入されたチケットは無効となり、ご入場をお断りさせていただきます」とも書かれており、チケットを売ることも、また転売されたチケットを買うことも全面的に禁止しているのだ。

そんな状況で娘フェスの運営サイドが下したのが転売座席の封鎖だった。会場の入り口には転売が確認されたチケットの座席番号が貼り出され、その座席には「こちらはオークション出品及び転売が確認された無効座席です」との張り紙がされ座ることができないようになっていたという。この様子を収めた写真はネット上にアップされると、2ちゃんねるでは、

「転売厨ざまぁww
こういう馬鹿をもっと締め出せ!」
「これはよくやったとしか言いようがない
転売席に座ろうとしてここに来た奴がどんな顔してたか見てみたいな」

などと“アンチ転売派”からの喝采があがった。しかし、実際に閉め出されたのはチケットを買った人で、転売した人ではないということもあり、

「これざまあとか言ってるけど、転売厨には痛くもかゆくもないよ
痛いのは落札した人」
「いい気味だけど、売った奴は何の罰も受けないのが許せん
ちゃんと調べて、売った奴はこの手のチケットは永久に当たらないようにするとかしろよ」
「とりあえず最初はこうするしかないだろ
結果として転売チケット買う人間が居なくなるから転売ヤーが消える」

などの意見も寄せられていた。

ちなみに娘フェスではチケット転売防止策のひとつとして、マクロスFオフィシャルファンクラブ「F魂+」の会員先行販売チケットに対して、入場時の会員証照合も実施した。ファンクラブ以外で購入したチケットすべてにIDチェックを行うのは難しい。このような状況を考えると、転売が確認された座席を封鎖するという対策も仕方なかったのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト